新生児黄疸の原因は?症状と治療法について【医師監修】

【松井 潔先生監修】

新生児黄疸イメージ

 

皮膚が黄色くなる黄疸は、生まれてすぐの赤ちゃんに現れる生理的な現象です。通常、生後7日以内には軽くなりますが、生後7日以降に皮膚の黄色みが増してしまうことがあります。
今回は黄疸のメカニズムや新生児期に起こる黄疸の種類などについてお話しします。

 

 

生理的黄疸とは(原因と症状)

生まれてくる多くの赤ちゃんは生理的黄疸になります。なぜ黄疸が現れるのか、そのメカニズムや特徴についてみていきましょう。

 

生理的黄疸が起こるメカニズム

黄疸を引き起こしているのは、ビリルビンといわれる物質です。

ビリルビンは血液の中にある赤血球が壊されるときに発生します。おなかの中にいる赤ちゃんの赤血球と大人の赤血球では寿命と日数が異なり、赤ちゃんの赤血球のほうが寿命が短く、数が多くなっています。

胎児のときは赤血球が壊れてビリルビンができても胎盤を通じてお母さんがビリルビンを分解してくれますが、出生後に壊れた血球から発生したビリルビンは赤ちゃんが自分の肝臓で分解しなければいけませんが、分解がマイに合わず生理的黄疸が生じます。ですが、日齢が進むにつれて肝臓での分解ができるようになってくるために黄疸が軽くなってくるのです。

 

 

生理的黄疸の症状や時期は

生理的黄疸は、目で見てわかる症状として、白目の部分や肌がオレンジ色になるのが特徴です。
生理的黄疸は、生後2~3日から起こり始め、生後5~7日に最も症状が強くなります。多くは、生後7日以降に黄色みが薄れ、自然に消えていきますが、ビリルビンの量が増加すると白目の部分や肌の黄色みも強くなります。

 

病的黄疸

生理的黄疸に対して、さまざまな原因で起こる病的黄疸があります。

黄疸の値が高い状態が続くと「核黄疸(かくおうだん)」といわれるビリルビン脳症という危険な状態になる可能性があるため、原因を調べると同時に治療を始めます。
 

 

病的黄疸とは

病的黄疸は、大きく分けると「早発黄疸」「重症黄疸」「遷延性黄疸」の3つがあります。
 
・早発黄疸
生後24時間以内に現れる黄疸が早発黄疸です。
早発黄疸は、赤血球がなんらかの原因で異常に壊れてしまうために起こるもので、溶血性疾患が重要な原因の1つです。
溶血とは、赤血球が速いスピードで壊されてしまうことでビリルビンが増えて、生後24時間以内に黄疸の症状が出ます。


     
・重症黄疸
成熟児として生まれた場合には生後1週間以上、未熟児で生まれた場合には生後2週間を経過しても黄疸が強いとき、遷延性黄疸と言います。
遷延性黄疸は、頭蓋内出血や頭血腫(ずけっしゅ)などの閉鎖性出血や胆汁の排泄が不十分なときに起こる閉塞性黄疸、母乳性黄疸などがあります。閉塞性黄疸は他の黄疸と異なり、皮膚の色がオレンジではなく緑っぽい黄色さを呈します。これは前者が間接ビリルビン、後者が直接ビリルビンがおもに高くなっているためです。閉塞性黄疸の際には便の色が白色からクリーム色に変わります。

 

確実に防ぎたい核黄疸と治療法

ビリルビンが脳の細胞に貯まると神経毒となり、核黄疸とという症状を呈することがあります。

ビリルビン脳症ともいわれ、神経的な後遺症をきたすことがあります。
核黄疸は、症状によって4つの段階に分けられています。それぞれの段階で現れる症状には次のような特徴があります。

 
・第1期:眠くなりやすく、筋緊張の低下や呼吸状態が良くないといった症状がみられ、飲む力も低下する。全体的に元気がなくなる
・第2期:筋緊張の状態が高まり、けいれんや頭を反って弓なり状になる後弓反張(こうきゅうはんちょう)などの症状が起こる。発熱も見られる
・第3期:第2期に起こっていた症状がみられなくなる
・第4期:慢性期である第4期では、聴覚障害や脳性麻痺などの症状がみられる
 
核黄疸を防ぐためには、第一選択の光線療法を迅速におこなうことです。

光線療法とは、ビリルビンは光に分解されやすい物質なので、青い光を当てて便や尿に排泄するように促していく治療法です。光線療法だけでは十分な効果が期待できないと判断されると、交換輸血などをおこない、核黄疸を防ぐ治療がおこなわれます。気になる症状があるときは、スタッフに相談してみましょう。

 

黄疸が長引きやすい母乳性黄疸

母乳が原因の黄疸は、母乳性黄疸といいます。

母乳には、不足しがちなミネラルやたんぱく質などの栄養が豊富で、赤ちゃんの免疫機能をサポートして感染症のリスクを低下させる働きがあります。

ただ、母乳には遊離脂肪酸という物質も多く含まれており、その遊離脂肪酸がビリルビンの代謝を妨げてしまうことが、母乳性黄疸の原因といわれており、黄疸を長引かせます。

 

母乳を栄養補給のメインとしている赤ちゃんの場合、生後1カ月を過ぎても黄疸がつづくことがあり、心配される方も多いと思います。そのまま母乳を続けていても生後2カ月ごろには自然になくなり、それが原因で核黄疸になることはありません。しかし、その他の疾患が隠されていることもあるため、黄疸が長引くときや気になる症状がある場合は、産婦人科や小児科などで相談してみましょう。
 

 

まとめ

生まれてきた赤ちゃんにみられる黄疸は、生後間もない期間に現れるケースがほとんどですが、なんらかの疾患や母乳の影響で黄疸の症状が続くことがあります。
日本人はもともと黄色人種なので、皮膚の変化に気がつきにくいかもしれません。しかし、黄疸の特徴である白目の部分や肌の黄色みの変化、元気がないなど、気になる症状がある場合は病院を受診しましょう。

 

【監修者】
神奈川県立こども医療センター総合診療科部長
松井潔(まつい きよし)先生

愛媛大学医学部卒業
神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント→国立精神・神経センター小児神経科レジデント→神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て現在、同総合診療科部長
小児科専門医、小児神経専門医、新生児専門医
神奈川県立こども医療センター http://kcmc.kanagawa-pho.jp/

 

 

 

 

【関連記事】

赤ちゃんのおむつを開いてビックリ!新生児月経ってなに?

知らなくてびっくり!「新生児月経」と「魔乳」ってなに!?

新生児に必要なものってなに?わが家の便利だったもの・不要だったもの

出産時の入院中から退院後まで!新生児に準備しておきたいものはコレ!

新生児は鼻づまりしやすい!準備しておきたい便利グッズ3選

きれいな肌に戻したい!新生児期の乳児湿疹どう治す?

赤ちゃんが黄色い!?新生児の生理的黄疸とは?

新生児に必要なものってなに?ママの買ってよかったものをご紹介!

赤ちゃんをふんわりやさしく包みたい!おくるみの使い方や種類とは?

先輩ママ愛用中!おくるみで赤ちゃんを寝かしつけ!

 

 

◆黄疸に関するQ&A

 

◆産後のサポートの体験談

助産師さんから『アレルギーが怖いのであまり早く始めず5ヶ月過ぎて6ヶ月ぐらいから始めるといい』と聞いていたので、よだれも多いし食べ物に興味がでてきた5ヶ月と12日から10倍がゆを始めました。2週目からにんじんやじゃがいも、ほうれん草などを1さじからはじめて3週目には豆腐や、白身魚をはじめました。わりと好き嫌いなく食べてくれました。スプーンにも慣れ離乳食はじめて1ヶ月たった頃から2回食にしました。最近はベビーフードなどにも頼りいろんなものを食べさせてます。今のところアレルギーないようで安心してます。

たいがママ さん

うちはアレルギー家系で、花粉症や食べ物アレルギー、薬アレルギーなど様々あるので、離乳食開始は七ヶ月ごろまで粘りました。下の子は、上の子が食べているのをみるとすごく羨ましそうな顔をするので、上の子よりは早めでしたが、聞いた話によると実は下の子になるにつれアレルギー危険度は増していくらしいですね。 三歳になると腸壁がしっかりしてくるので、生ものや家族にアレルギーのある食べ物については三歳までは控えていました。離乳食の食欲については、うちは上の子の時はお気に入りのぬいぐるみを隣において競争させるように食欲を煽っていましたが、下の子は上の子がいい競争相手になって、モリモリ食べてくれています。むしろ、早食い、大食いにならないように気をつけなければ!

ぽぽ さん

離乳食は1回食からはじまり、少しずつ色々な食材を食べさせていきました。最初は10倍がゆから始めました。1週間慣れたところで、野菜を少しずつ始めていき、果物も食べさせていきました。食べてくれるととても嬉しいもので明日は何を作ろうかなと考えるのが楽しかったです。だんだん食べる量も増えていきました。口周りや洋服が汚れてしまうので、その後始末がいつも大変でした。

そばかす さん

料理があまり得意でない私は、離乳食が始まって、手作りの1回食、2回食・・・のあたりでもう限界。3回食になった時点で、3回のうち1回は市販のベビーフードを使おう!と決めたとたん、フッと気持ちが楽になりました。その1食の中で、自分では作りにくい食材(レバーなど)も取れるし、品目も多く取れるので、気分的にもとても助かりました。手を抜いて、その分、ゆっくりと子どもと向き合う時間が取れたと思います。

あっちママ さん

 

その他の産後のサポートの体験談

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

2017/11/07


はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。