赤ちゃんが咳をするときの原因は?対処法と注意点について

5

 

赤ちゃん咳イメージ

 

赤ちゃんは大人よりも免疫力が低いため、風邪などの感染症にかかりやすいです。感染症の症状の一つとして咳が出ている可能性や、ホコリやむせることによる咳である場合もあります。ここでは、赤ちゃんの咳の原因や対処法、注意点についてご紹介します。

 

 

なぜ咳が出るのか(咳のメカニズム)

肺や気管は生命維持に重要な役割を果たしている臓器です。これらの呼吸器を守るために、ホコリや煙、ウイルスなどの異物を気道から排除しようとします。その生体防御反応が咳です。咳は、次のようなメカニズムによって起こります。

 

(1)喉や気管、気管支などにある咳受容体というセンサーが異物を感知します。
(2)刺激が脳の咳中枢へと伝わります。
(3)横隔膜や肋間膜など、呼吸をする際に使用する筋肉へ指令が送られて咳が出ます。

 

また、気道に溜まった痰を排出する役割も果たしています。気道の粘膜は、繊毛(せんもう)という細い毛とその表面を覆う粘液によって守られています。この粘液は細菌やウイルス、ホコリなどの異物を絡めとる役割を果たしており、異物を絡めとって粘度が高まったものが痰です。咳には、この痰を排出させる役割もあります。
 

 

赤ちゃんが咳をするときの考えられる原因

赤ちゃんが咳をする場合に考えられる原因は次のとおりです。

 

ハウスダストを吸い込んだ

部屋のホコリを吸い込むことで咳が出ます。部屋の掃除をして空気を入れかえて様子を見ましょう。長く続く場合はアレルギーや呼吸器の炎症を起こしている可能性があるため、受診してください。

 

育児用ミルクなどにむせた

育児用ミルクやよだれを飲み込むときにむせて、咳き込んだ可能性があります。咳き込んで異物が排出されれば、その後は咳が止まります。

 

病気によるもの

症状に咳がある病気はかなり多いため、咳だけで何の病気かを判断することは困難です。一般的に、咳をしたときに考えられる病気は次のとおりです。

 

・肺炎
新生児期の肺炎には大腸菌やB群連鎖球菌、以降はインフルエンザウイルス、肺炎球菌などさまざまなウイルスや細菌が原因となります。熱や咳などの症状を伴い、初期症状では気管支炎や喘息と区別がつかないことがあります。


・喉頭炎(クループ症候群)
ウイルスや細菌による感染により起こる喉の炎症です。犬の遠吠えのような咳が出ます。声を出す声門の周囲に炎症が起きるために特徴的な咳がでます。育児用ミルクの飲みが悪くなったり、好きなものを食べなくなったり、機嫌が悪いなどの様子で気づくこともあります。

・喘息様気管支炎
咳や痰が絡み、ぜいぜい音がする場合に疑われます。喘息に似た症状ですが、これは気管支が柔らかくて細いために起こるものとされています。風邪の症状として現れることが多いです。RSウイルス感染のときにこの症状を認めることが多いです。


・気管支喘息発作
咳や息をするたびにぜいぜい音が出るようになります。アレルギー体質のある子どもが風邪をひいたときやホコリを吸い込んだり運動などがきっかけで起こります。風邪をひいたときに悪化しやすく、後に咳だけが2~3週間続くこともあります。

 

・後鼻漏(こうびろう)
鼻水の分泌が増え、喉へと流れ込むのが後鼻漏です。鼻炎や副鼻腔炎などが原因とされています。夜間寝ているときに奥に溜まってしまった後鼻漏を出すために、朝方に痰交じりの咳が出やすくなります。

 

 

咳をしたときの対処法

部屋が乾燥すると症状が悪化する場合もあるため、

・こまめに水分とる

・加湿器をつける

・濡れたタオルを干す

ことも有効です。

 

しかし、根本的な治療にはならないので、夜間眠りづらそう、食事がとれない、咳が数日止まらない場合などには、受診し、処方された薬を正しく飲ませましょう。

 

また、簡単に市販の咳止め薬を使用しないようにしましょう。これは、痰を排出させるための咳を止めてしまった場合、痰が溜まることで気管が狭くなり、さらに苦しくなることがあるためです。まずは、咳の原因を突き止めるために診察を受けましょう。
 

 

咳以外の状態にも注意が必要

咳が出たときは、ほかに症状が現れていないか注意深く観察しましょう。顔色が悪い、発熱、不機嫌、嘔吐などの症状がある場合は、早めに受診してください。

 

風邪は通常3日程度で発熱などの症状のピークを越えることが多いですが、咳が長引いている場合は赤ちゃんの状態をこまめに確認しましょう。もし、症状の悪化がみられた場合は再度受診してください。

 

また、熱と咳が4日以上続く場合は肺炎の可能性もあるので、機嫌がよかったとしても受診したほうが良いでしょう。

 

 

まとめ

赤ちゃんは風邪をひきやすく、気管支が柔らかいため、ときにぜいぜい音の咳をすることがあります。咳をする原因はさまざまなので、他に症状が現れていないか注意深く観察して、症状が改善されなかったり、状態がひどくつらそうな場合は迷わずクリニックや病院に受診するなど、状態に応じて適切に対処しましょう。

 

 

 

 

◆咳に関連するQ&A

 

 

監修者

医師 杉田 えり 先生

小児科 | 新大塚こどもクリニック院長


東京女子医科大学小児科入局後、葛飾赤十字産院、東京女子医科大学母子総合医療センターNICU勤務を経て、現在、「新大塚こどもクリニック」院長。小児科専門医・指導医、周産期専門医(新生児)。


経歴

東京女子医科大学 卒
東京女子医科大学病院 小児科  母子総合医療センター(NICU)
葛飾赤十字産院
山王病院


2018/01/23


この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。