赤ちゃん用の洗剤は必要? 洗濯は分けたほうがいいの? ベビー服の洗濯について

赤ちゃん洗剤イメージ

 

赤ちゃんは肌が弱いため、大人の衣類とは分けて洗濯したほうが良いのでは? 赤ちゃん専用の洗剤を使わなければならないの?と思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、赤ちゃんと大人の衣類の洗濯は分けたほうがいいのか、その理由や洗濯の注意点などをご紹介します。

 

 

なぜ洗濯を分けておこなうほうがいいと言われているのか

赤ちゃんは大人と比べて皮膚の角質層が薄く、水分を保持するセラミドや、外部刺激から肌を守る皮脂の分泌なども未発達であるため、刺激を受けやすくなっています。

そのため、洗濯した衣類に洗剤が残っていると、それが刺激になって肌荒れが起こる可能性があるのです。

 

洗濯の際には、洗剤が衣類に残らないよう十分にすすがなければなりません。十分にすすぐことで、そのような肌荒れが起こる心配がなくなりますが、大人の衣類と一緒に洗うことで、すすぎが足りなくなり、洗剤が衣類に残ることがあります。

 

また、大人の洋服に含まれることが多いホルムアルデヒドによってアレルギーや皮膚炎が起こる可能性もあるため分けたほうが良いのではないかと言われています。

 

 

赤ちゃん用の洗剤は必要なのか

赤ちゃん用の洗剤は、肌への刺激が少なくなっています。赤ちゃんは1歳までが特に肌が弱いと言われているので、1歳までは赤ちゃん用の洗剤を使うと良いでしょう。また、柔軟剤は肌のかぶれの原因になることもあるので、使用を避けたほうが良いかもしれません。


もしかしたら、アトピー性皮膚炎や乳児湿疹だと思っていたものが、洗剤が原因かもしれないとも考えられます。脇やおむつがあたる場所以外にしか湿疹が出ないとしたら、その可能性が高いです。このような場合も、使用している洗剤を中止して、赤ちゃん用の洗剤を使うことをおすすめします。

 

アトピー性皮膚炎や敏感肌の赤ちゃんの場合、赤ちゃん用の洗剤であっても肌荒れが起こることがあります。そのような場合は、洗剤や柔軟剤などは使用せず、水やお湯だけで洗うようにしましょう。

 

 

いつごろまで洗濯を分ける必要があるか

赤ちゃんの肌は個人差があるので、洗濯物をいつまで分けるべきかは一概には言えません。しかし、アレルギー学会では1歳以下の肌が最も弱いとしているので、1歳ごろが一つの目安といえます。


また、アトピー性皮膚炎がある赤ちゃんは、界面活性剤が多く含まれる洗浄力が強い洗剤を使用するだけで、肌が荒れてしまうことがあります。

 

そのような状況が改善されるまでは、大人の洗濯物とは分けたほうが良いです。アトピー性皮膚炎は慢性的な経過をたどるので、大人になっても続くことがあります。そのなかでも、子どものうちに症状が軽くなり、大人用の洗剤で洗ったぐらいでは肌が荒れなくなることもあるので、そのときの赤ちゃんの状態を見て、洗濯を分けるかどうかを決めましょう。

 

 

赤ちゃんの服を洗濯するときの注意点

すすぎ残しを防ぐために、洗剤を入れ過ぎないようにしましょう。もし、洗剤を変えるのであれば、赤ちゃんの皮膚の状態をよく観察してからにしてください。場合によっては、写真として残しておく方法もあります。

 

洗剤や柔軟剤、漂白剤などを全て一気に変えると、肌荒れが起きたときに何が原因かわからなくなるので、1種類ずつ変更してください。どのような洗剤を使用する場合でも、すすぎ時間は長めに設定してすすぎ残しを防ぎましょう。

 

洗濯物はできるだけ天日干しをして、雑菌の繁殖を防ぐことが大切です。

ただし、花粉に対してアレルギーがあると、外に干すことで衣類についた花粉で肌荒れが起こることがあるので、部屋に干したほうが良いでしょう。
 

 

まとめ

赤ちゃんと大人の衣類は分けて洗濯したほうが良いという意見があります。洗剤が衣類に残らなければ肌が荒れる心配は少ないですが、一緒に洗濯することで衣類に洗剤が残ってしまうことがあります。肌が極端に弱い1歳までは分けて洗濯することをおすすめします。また、いつまで分けて洗濯するかは、赤ちゃんの肌の状態で異なります。赤ちゃんの肌の状態に合わせて適切な方法で洗濯しましょう。

 

 

 

監修者

医師 松井 潔 先生

小児科 | 神奈川県立こども医療センター総合診療科部長


愛媛大学医学部卒業。神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て現在、同総合診療科部長。小児科専門医、小児神経専門医、新生児専門医。


経歴

1986年 愛媛大学医学部卒業

1986-1988年 神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント

1988-1990年 同神経内科非常勤

1990-1992年 国立精神・神経センター小児神経科レジデント

1992-2005年 神奈川県立こども医療センター新生児科 医長

2005年− 同総合診療科 部長

 

■専門領域

小児科

小児神経

新生児

 

■所属学会・委員等

日本小児科学会

日本小児神経学会

日本周産期新生児医学会

日本てんかん学


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

専門家の記事&最新ニュースが550件以上!

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)