赤ちゃんはいつから飛行機に乗れる?機内での過ごし方や注意点について

赤ちゃん飛行機のイメージ

 

電車やバスには乗れるけれど、飛行機に赤ちゃんを乗せてもよいのか気になる方もいるのではないでしょうか。生まれたての赤ちゃんは飛行機に乗ることができませんが、生後8日が経てば許可されていることがほとんどです。ここでは、赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるのか、機内での過ごし方や注意点などについてご紹介します。

 

 

赤ちゃんが飛行機に乗れる時期

里帰り出産の場合、生後1カ月に飛行機で帰宅するという方もいるため、気になるという方もいるのではないでしょうか。

赤ちゃんを飛行機に乗せてもよい時期については、明確に定められていないようですが、生後1カ月を過ぎていれば、飛行機に乗ってもよいという意見が多いようです。

多くの航空会社は生後8日以降から搭乗を許可していますが、離着陸のときには気圧の変化によって耳に違和感が出たり、痛みを感じたりして泣くことがありますので、周りへの配慮を考えると、できるだけ飛行機以外の交通手段を選ぶことをおすすめします。

 

 

赤ちゃんとの座席の座り方

赤ちゃんの航空券が必要かどうかは、航空会社によって異なります。国内線で赤ちゃん用の座席を用意しない場合は、無料であることが多いです。例えば、JALの場合では生後8日~3歳までは大人1人につき2人まで同伴できます。そして、大人1人につき赤ちゃん1人分が無料になります。

料金がかかる月齢や同伴の際の料金ルールなども航空会社によって異なるので利用する際はよく確認をしましょう。

航空券については同伴者と同じ席に座る場合は不要であることが多いです。

また、国際線は、大人料金の10%の運賃で搭乗できる会社もあれば、75%の運賃がかかる会社もあります。いずれにしても、予約時に確認しておくようにしましょう。

 

 

赤ちゃんとの機内での過ごし方

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る際に気になるのが、授乳はできるのか、おむつはどこで替えればよいのか、ベビーカーは持ち込めるのかといったことでしょう。それぞれ、次のようなルールになっていることが多いです。

 

・授乳
授乳室はないことがほとんどなので、授乳ケープを利用して自分の席で授乳することになります。気になる場合は、ミルクを持って行きましょう。ミルクを作るときに赤ちゃんを見ることが難しい場合は、キャビンアテンダントに手伝ってもらえることがあります。

 

・おむつ交換
おむつ交換台が付いた化粧室が用意されていることがありますので、事前に確認しておくのがよいでしょう。紙おむつはビニール袋などに入れてゴミ箱へ捨てることができます。また、自身がトイレに行きたい場合に、一時的にキャビンアテンダントに赤ちゃんを預けられることがあります。

 

・ベビーカーの持ち込み
折り畳みベビーカーのサイズが、機内持ち込み手荷物の規定サイズよりも小さい場合は、機内に持ち込むことができます。ただし、機内に持ち込める手荷物は1つだけなので、この場合はベビーカー以外の手荷物を持ち込めません。ハンドバッグやカメラ、傘などは持ち込むことができます。ベビーカーは、改札機を通過するまでは折り畳み、専用のケースへ収納します。ケースがない場合は、手荷物用のビニール袋をもらえます。

 

機内にはベビーベッドが用意されていることがありますが、ベビーベッドは自分の席の前の壁に取り付けられるようになっているため、使用できる席が限られています。ベビーベッドを利用したい場合は、予約をする際にその旨を伝えましょう。

 

 

赤ちゃんと飛行機に乗る時に準備すること

赤ちゃんと飛行機に乗る際には、次のようなものを準備しておきましょう。

 

・授乳ケープ
席で授乳する際に使います。

 

・粉ミルク
必要に応じて粉ミルクを持って行きましょう。粉ミルクを溶かす湯はキャビンアテンダントが用意してくれることがあります。難しい場合は、冷めにくいステンレス製の水筒に湯を入れて持って行くのがよいです。

 

・オムツとおしりふき
オムツは飛行機内に用意されていることがありますが、数に限りがあります。

 

・おもちゃ
飛行機内でぐずったときのために、お気に入りのおもちゃや絵本などを持って行きましょう。ただし、音が鳴らないおもちゃに限ります。

 

 

飛行機内での注意点

・赤ちゃんの耳抜き
離着陸前後に気圧の変化による耳の違和感や痛みにより赤ちゃんが泣きだす光景はよく見かけます。この場合は、席から立てるようになってから授乳やミルクを与えて対処しましょう。おしゃぶりを咥えさせるだけで改善されることもあります。また、ママの小指を赤ちゃんの片耳に入れ、耳を密封してから指を抜く方法もおすすめです。

 

・機内の湿度や温度
長距離のフライトでは、機内の湿度が下がります。そのため、こまめに母乳やミルクを与えるようにしましょう。機内の温度は25°程度で肌寒く感じることがあるので、重ね着や羽織れるものを用意しておいたほうがよいです。

 

 

まとめ

赤ちゃんと初めて飛行機に乗るときには、トラブルが起こることなく到着するか心配になるかもしれません。人手が必要なときには、キャビンアテンダントが対応してくれることもあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。また、航空会社によって赤ちゃんの料金のルールが異なります。様々なことを確認しておき、トラブルが起こらないように準備を万全にしましょう。

 


監修者:看護師 しらいし ゆみか

総合病院附属看護専門学校卒業後、総合病院小児科、保育園看護師として勤務、現在はフリーランスとして看護師として働きながら看護系の記事執筆・監修を行っている。

 

 

 

 

◆飛行機に関するQ&A

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

2018/03/29


はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。