赤ちゃんに麦茶を与えていいのはいつから?麦茶を飲む際の注意点について

23

赤ちゃん麦茶のイメージ

 

母乳や育児用ミルクだけ飲んでいた赤ちゃんに、いつから麦茶を与えてよいのでしょうか。赤ちゃんに麦茶を与える場合は、いくつか注意点があります。ここでは、赤ちゃんに麦茶を与える時期や注意点などについてご紹介します。

 

 

赤ちゃんが麦茶を飲める時期

生後6カ月頃から離乳食を開始しますが、それまでは母乳だけの栄養でよいとされています。これは、飲み物においても同じことが言えるので、麦茶は生後6カ月から与えることをおすすめします。

ただし、生後6カ月以下であっても麦茶を与えることはできます。母乳だけでは水分補給が追い付かないような場合に、麦茶を与えるとよいでしょう。もちろん、麦茶は栄養補給にはならないので、母乳が出ない場合は育児用ミルクを与えることになります。

麦茶を与えることによってお腹が膨れてしまい、それだけ母乳や育児用ミルクを飲めなくなると栄養が不足してしまう恐れがあるので、量を調節してくださいね。

 

 

飲んでも良い麦茶について

お茶にはカフェインが含まれていることが多いのですが、麦茶には含まれていません。赤ちゃんはカフェインの摂取を避けた方がよいとされているので、お茶の中でも麦茶がおすすめなのです。

 

麦茶を飲む場合は、赤ちゃん専用に作られているベビー用の麦茶をおすすめします。国内産大麦を100%したものなど、他の成分が添加されていないもので麦茶を作ってもよいですが、赤ちゃんにとっては濃い麦茶となってしまうため、大人と同じ麦茶を与える場合は薄めてから飲ましてあげましょう。

 

 

赤ちゃんが麦茶を飲む際に気を付けること

大人と同じ麦茶を飲む場合は下記のことを注意しましょう。

・必ずノンカフェインのもの

・国内産大麦100%など他の成分が含まれていないもの

・大人と同じ麦茶を与える場合は2倍以上薄めて与える

・麦茶は一度沸かして、殺菌したりカルキを抜いたお湯で作る

 

最も注意したいのが大麦アレルギーです。事前に大麦のアレルギー検査をして陰性であることを確認してから麦茶を飲ませるようにしましょう。また、最初は少量だけ与えて様子を見ることが大切です。

 

 

まとめ

離乳食が始まる生後6カ月頃までは、無理に麦茶を与える必要はありません。生後6カ月までに麦茶を与えても問題ありませんが、重症の小麦アレルギーの赤ちゃんは大麦アレルギーを持っている場合があるので、事前に必ず調べておきましょう。麦茶は、正しく扱えば安全に飲める飲料なので、水分補給の際に母乳や育児用ミルクと合わせてうまく与えることをおすすめします。

 

 

 

監修者

看護師 しらいし ゆみか

フリーライター


2008年より看護師として総合病院勤務。診療科としては主に小児科、整形外科、泌尿器科を経験。その後、派遣でクリニックや健診、ツアーナース、保健室業務、保育園、看護学校臨時教員などさまざまな働き方をし、現在はフリーランス看護師として働きながら医療系ライターとしても活動中。


2018/03/29


この記事にいいね!しよう

いいね!
23

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。