赤ちゃんのしつけ【生活習慣編】

61

監修者

医師 小枝 達也 先生

小児科 | 国立研究開発法人国立成育医療研究センターこころの診療部長


鳥取大学医学部脳神経小児科入局。小児神経科、小児科、新生児医療、神経内科、障害児医療の研修を積み、オランダ政府奨学生としてアムステルダムライ大学小児科へ留学。その後、鳥取大学医学部講師、助教授を経て、鳥取大学教育学部教授に就任。その後、鳥取大学地域学部教授、鳥取大学附属小学校長(併任)、鳥取大学地域学部附属子どもの発達・学習研究センター長(併任)を歴任し、平成27年3月鳥取大学退職。平成27年4月より国立研究開発法人国立成育医療研究センターこころの診療部長に就任。平成29年4月より副院長併任。

 

 

■主な経歴

1984年 鳥取大学医学部卒業
1996年 鳥取大学 脳神経小児科助教授
1998年 鳥取大学教育学部教授
2004年 鳥取大学 地域学部教授
2015年 国立成育医療研究センターこころの診療部長

      鳥取大学名誉教授
2017年 同上 副院長併任

 

■専門領域

発達障害医学
神経心理学
小児保健学

 

■所属学会・委員等

日本小児科学会
日本小児神経学会 評議員
日本小児保健協会 副会長・常任理事
日本ADHD学会 常任理事
日本小児精神神経学会

 

■メディア履歴

【著書】
1.『ADHD,LD,HFPDD,軽度MR児保健指導マニュアル ちょっと気になる子ども達への贈りもの』 診断と治療社
2.『写真でみる乳幼児健診の神経学的チェック法』 南山堂
3.『5歳児健診 発達障害の診療・指導エッセンス』 診断と治療社
4.『育てにくさに寄り添う支援マニュアル』 診断と治療社
5.『育てにくさをもつ子どもたちのホームケア』 診断と治療社
6.『データで読み解く発達障害』 中山書店
7.『ライフライクルに沿った発達障害支援ガイドブック』 診断と治療社
【テレビ・ラジオ】
ラジオNIKKEI Medical Liblary 
NHKあさイチ ディスレクシア 出演

 

HP:ディスレクシア | 国立成育医療研究センター

 

 

0~2歳の間に身につけておくべき基本的な生活習慣とその伝え方についてです。赤ちゃんがいつ、どんなことができるようになるのかを知っておきましょう。

 

 

あいさつ

0歳代からママやパパがあいさつをする姿を見せましょう。赤ちゃんにも朝「おはよう」と声をかけましょう。1歳ごろになったら、大人のまねをしはじめます。赤ちゃんがまねごとであいさつをしたら、きちんとこたえてあげましょう。2歳をすぎる頃になると、自分であいさつをしたい気持ちが芽生えます。でもまだまだタイミングを逃したり、恥ずかしがったりすることも。上手にできなかった時も「今度はきっとできるよ」と励ましましょう。

 

 

手洗い

0歳代はなんでもなめてしまう時期。よだれなどで手もベタベタしがちです。口の周りや手をガーゼなどでこまめに拭いてあげることで「気持ちいい」という感覚を教えましょう。1ごろになると外遊びも増え、行動範囲が広がります。一人では上手に手を洗うことはできませんが、パパとママが一緒に洗ってあげるといいですね。洗面台にふみ台を用意して、手洗いの習慣をつけましょう。2歳になるとある程度手洗いができるように。泡や水が飛び散ってもしからずに「手がキレイになると気持ちがいいね」とほめてあげましょう。

 

 

歯磨き

6~8カ月ごろになると下の前歯が生えてきます。離乳食のあとに湯冷ましや麦茶を飲ませたり、湿らせたガーゼで1日1回歯を拭いてあげましょう。この頃から、赤ちゃん用の歯ブラシを持たせて慣れさせておくといいでしょう。8~10カ月ごろになると上の前歯も生えてきます。上下二本の前歯が生えそろったら、歯磨き習慣スタートです。1日1回、できれば寝る前に仕上げ用歯ブラシで磨きましょう。歯を磨いたあとは湯冷ましなどを飲ませてあげてください。虫歯予防のために、夜中の授乳はこのころから控えた方がいいでしょう。

 

 

片付け

1歳をすぎたころから意識し始めましょう。最初はママが片付ける姿を見せるところからスタート。赤ちゃんがまねっこをしたそうにしたら、自分でできるくらいの量とお片づけしやすい箱を用意してあげて。ママと一緒になってすることで、お片づけの習慣がつくようになります。

 

 

着替え

着替えの時に自分で脱ぐ動きをしはじめたらサインです。着ることよりもやりやすい脱ぐことから教えましょう。最初は帽子や靴下など簡単なものからスタート。次にパジャマなどが脱ぎ着がしやすいのでおすすめです。ズボンやトップスは前後がわかるように印をつけてあげると、やる気がアップします。

 

 

おむつはずれ

1歳代はプレおむつはずれ期。まだ、膀胱が未発達のためおしっこの間隔も長くはありません。まずはおむつを替えるときもちがいいことや、絵本などで排泄やトイレの意識づけをしましょう。2歳になったらおむつはずれスタート期。

 

①一人で歩けること

②おしっこの間隔が2時間以上空いていること

③「おしっこ」の意味を理解し自分で伝えられること

 

 

この3つの条件が整っているか確認しましょう。

まずは、定期排泄の習慣から始めます。朝起きた時や食事の後にトイレに誘ってみましょう。最初は出なくてもOK、定期的にトイレへ連れて行き、座らせてみることが基本です。トイレを嫌いにならずに身近な存在にしていきましょう。

 

 

 

 

(監修/小枝達也先生)

 

2015/07/08


この記事にいいね!しよう

いいね!
61

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。