抱っこひもの種類と選び方

 

抱っこひもは新生児から使えるものと、首がすわってから使えるもの、抱き方などによりいろいろあります。お出かけシーンや電車に乗る頻度、ベビーカーやチャイルドシートとの併用などを考えて購入しましょう。

 

新生児から使える抱っこひもを1つ持とう

                 

首がすわっていない赤ちゃんを長時間抱っこするのは大変です。ベビーカーでぐずったときや、階段などが多くて抱っこの方がラクなお出かけ先などにも大活躍するのが抱っこひも。また家の中でも抱っこひもをすれば両手が空くので、家事ができます。新生児から使えるものを1つ持っておきましょう。

 

【1】抱っこひもの種類

 

キャリー型

最近の主流の形です。主にママの体の前で縦に赤ちゃんを抱きます。腰ベルトがあるため、肩への負担が少ないことが特徴です。縦抱きのほか、横抱きやおんぶなど多機能なものもあります。

 

スリング型

ママの片方の肩から斜めにかけ、赤ちゃんを横に抱くタイプです。赤ちゃんとママの密接感が多く、布に包まれるので赤ちゃんは安心感を得られます。片側の肩にのみ重さがかかるので、肩への負担が大きくなります。

 

 

【2】抱き方の種類

 

横向き抱っこ

赤ちゃんが寝たままの姿勢で横向きに抱っこする方法です。新生児向きの抱き方です。

 

対面抱っこ

ママの胸の方を向いて縦に抱っこする方法です。赤ちゃんの顔を見ながら抱っこができます。新生児から使えるものもあります。

 

前向き抱っこ

進行方向を向いて縦に抱っこする方法です。赤ちゃんの首がすわってからできるようになります。赤ちゃんはママと景色を見ることができるので、よろこぶ子もいます。

 

腰抱っこ

ママの腰骨に座る形になります。赤ちゃんの首がすわってからできるようになります。簡易抱っこひもなどで多い抱き方です。

 

おんぶ

背中に赤ちゃんを背負う形になります。赤ちゃんの首がすわってからできるようになります。両手が空くため、荷物をもったり家事をしたりするときに便利です。

 

2016/02/24


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。