命名書の書き方は?命名式(お七夜)の由来や食事、内祝いの選び方について

 

子どもが成長していくなかで、さまざまなお祝いごとがあります。赤ちゃんが誕生して7日目に行われるのが「お七夜」と呼ばれる、赤ちゃんの名前を披露するお祝いです。「名付け祝い」「命名の儀」とも呼ばれます。

今回は、赤ちゃんが産まれて7日目に命名式をする理由などの命名式の由来や命名書の書き方、命名式の食事についてなど、「命名式(お七夜)」について解説します。

 

 

7日目に命名式をする理由

「お七夜」の言葉は、平安時代の貴族の儀式に由来するといわれています。医療や栄養、衛生事情が発達していなかった昔は、生後すぐに亡くなる赤ちゃんが多かったため、生後6日までは神様に生命を委ね、7日目を迎えられた子は、初めて人間の子になれると考えられていました。

 

我が子に名前をつけ、家族の一員になれたよろこびを祝ったのが生後7日目の夜。このことが「お七夜=命名式」の由来といわれています。

 

 

命名書の書き方、保管方法について

お祝いの席では招待客に赤ちゃんの名前を披露するため、「命名書」が必要になります。ここでは一般的な命名書とされる、筆で半紙に書く方法について説明します。

正式と略式がありますが、どちらで作成しても問題ありません。

 

●命名書の書き方

用意するもの:命名書半紙(奉書紙または美濃紙)、毛筆、濃い墨汁

・正式

奉書紙を横半分に折り、折り目を下にして、縦を三等分に折る。開いて三つ折りになった内側の中央に、毛筆で赤ちゃんの名前を大きく書き、その横に、生年月日、両親の氏名、続柄などを書きます。三つ折りの左側に命名式の日付と名付け親の名前、右側に「命名」と書きます。墨が乾いたら、左・右の順で折りたたみ、別の半紙などで上包みをかけ、上包みにも「命名」と書いて完成です。

 

・略式

半紙の真ん中に毛筆で赤ちゃんの名前を大きく書き、両脇に両親の名前と続柄、生年月日を書きます。

 

 

命名書は三方に乗せ、神棚や床の間に飾ります。感謝の気持ちを込めてお供えものも忘れずに。近頃は神棚や床の間がない家が多いですが、その場合は赤ちゃんのベッドの枕元に貼ってもOKですが、命名書が赤ちゃんの顔を覆わないよう、テープなどでしっかり留めるように注意しましょう。

 

命名書を飾る期間は決まっていませんが、役所へ出生届の提出を終えた頃、またはお宮参りを終えたタイミングで、へその緒と一緒に保管するのが一般的です。

ただ、せっかくなので、きれいな額などに入れてインテリアとして飾っておくのもよいでしょう。

 

最近は、赤ちゃんの手形、足型を一緒に残せるもの、かわいいキャラクターデザイン、フォトスタンド型など、命名書にもいろんなタイプがあるので、インテリアに合うもの、好みのものを探してみてはいかがでしょうか。

 

 

命名式の食事はどのようなものが良いか

お祝い膳は、赤飯や尾頭つきの魚、紅白の麸などの献立を用意するのが正式ですが、産後7日目は、ママも退院して間もない頃。ママは赤ちゃんのお世話が精一杯で、ご馳走を作る余裕などありません。

 

仕出しやケータリングなどを利用して、できるだけ母体への負担をかけないよう無理のない範囲でおもてなしを。命名式をおこなう日も、生後7日目の夜にこだわる必要はなく、母体が落ち着いた頃など、家族の都合のよいタイミングでおこなうのがオススメです。

 

 

お祝いをいただいた方へのお返しについて

お七夜は、家族のお祝いになるので、招待するのは祖父母や近しい親族になります。お七夜に招待した方へは祝い膳がお返しになるので、基本的に必要ありません。ただ、参加できずに出産のお祝いをいただいた方へは、電話や手紙で直接お礼をお伝えし「内祝い」を贈るようにしましょう。

 

内祝いの品は、先方からいただいた金品の半額を目安に、商品券や菓子折りなどを選ぶのがオススメです。紅白5本の蝶結びの熨斗(のし)を用意し、表書きには「内祝い」と記し、赤ちゃんの名前で送ります。

 

赤ちゃんの名前をつけてくれた人がいる場合には、名付け親へのお礼として1万~2万円相当のお礼が必要になります。現金でお返しするのではなく、商品券やカタログ、お酒やお菓子などお相手の方が喜ぶ嗜好品などを選ぶとよいでしょう。

 

 

まとめ

赤ちゃんが生まれてから、親族が集まる最初のお祝いが「お七夜」になる人も多いはず。ただ、新米パパ・ママにとっては、赤ちゃんのお世話を始め、慣れないことの連続なので、比較的余裕のある妊娠中から段取りをつけておく、または実家の両親に甘えて準備をお願いしてもよいでしょう。

 

お祝いの席に、赤ちゃんとママがずっと同席する必要はありません。あいさつを済ませたら隣の部屋で横になるなど、無理のない範囲でお祝いに参加するようにしましょう。

ママと赤ちゃんが退院していない場合は、命名書のみを飾り、退院後の落ち着いたタイミングでおこなうようにしましょう。

 

参考:

日本文芸社 「家族で楽しむ 子どものお祝いごとと季節の行事」

新星出版社 「冠婚葬祭マナーBOOK」

 

 


監修者:助産師 REIKO

医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

 

 

 

【関連記事】

赤ちゃんの名付けで悩んだときに確認したいこと!

ノリで決めたら危険!気を付けたい名付けのポイント

誰がどうやって決める?わが家の名付けトラブル

【ママの体験談】名づけは字画と響き、どっちを優先する!?

名前ランキングにはない名前を!わが家の名づけエピソード

ベビーに素敵な名を!参考にしたい名づけのポイント

子どもの名づけどうする? 妊娠中にじっくり考えよう!

親から子への初めてのプレゼント! 名づけの注意点

「お七夜」ってどんな行事?「お七夜」を徹底解説。

お宮参りはどんな服装で行く?いつ行けばいいの?

外気浴はいつから?どうやって始める?赤ちゃん初めての外気浴について

お食い初めの基礎知識 小石や梅干も!?赤ちゃんの食を祝う儀式

ハンドリガードはいつから?しないけど大丈夫?疑問を解決!

寝返りはいつから?赤ちゃんの寝返りの時期と注意点

 

 

◆赤ちゃんの名づけの体験談

妊娠9ヶ月位のときに決めました。うちは決まった響きか決まった漢字の一字を入れる様になっていたので、決まった響きを入れることにしました。悠の上の部分に綺麗な所という意味があるらしく、これに響きをもった漢字を合わせ、綺麗な心をもち清く正しく、これからもお家を絶やさずに…と思い名付けました。響きの漢字にもしっかり意味を持たせました。画数もやっぱり気にしましたね。

ちびママ さん

臨月に入ってから本格的に考え始めました。字画は子供の一生を左右すると考えていたので苗字にあう画数を調べ、名前を考えました。名づけの本やパソコンなどを利用してつけたい画数の漢字をノートに羅列して、読み方や漢字の意味合いや苗字とのバランスも考えました。長男次男ともこの方法で名づけました。名前の意味合いのとおりに育っています。

なちゅらる さん

自分の名字に合う名前をデータで出してもらうサービス冊子の中から決めました。どれを選んでも、画数など悪くないということで、とても選びやすかったし、一般的な名づけの本を買うことを思ったら、使いやすくてよかったと思います。

あっちママ さん

健診で性別が判ってから夫が時々思い出したようにネットや本で調べて考えてました。初めは潤とか翼とかがいいと言ってたけど画数が良くなくて、最終的には夫ではなく夫の父の名前から1文字もらって画数がいい名前に決めました。生まれた時に顔を見て「違うな」と思ったら別の名前を考えるつもりでしたが、生まれた時に立ち会った夫と「いいよね」と言い合い前もって考えていた名前に決めました。

きょん×2 さん

 

その他の赤ちゃんの名づけの体験談

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

2017/06/07


はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。