感染症が気になり、神経質になりすぎて普通の生活ができません

19
育児のQ&A

感染症が気になり、神経質になりすぎて普通の生活ができません

神経質になりすぎて普通の生活ができません。
乳児の後天性トキソプラズマやリステリア菌です。
生後4カ月の息子がいます。順調になんの問題もなく育っていますが、万が一感染して、重症化しないか心配です。
例えば、冷蔵庫ひとつとっても、ドアの開閉だけでも触ったら手を洗わないと抱っこできません。
料理中、知らないうちに服に肉のドリップ(生の汁)がついて、そのまま子どもを抱っこすると誤って舐めてしまって感染しないかとか、チーズを触った手で子どもに触ってしまって菌が付着したり舐めたりしないかなど、どこまでも気になってしまい、着替えないと落ち着きません。
どこまで注意すればいいのでしょうか?

 

私も気になることがあるといろいろ調べてしまうので、ご質問のお母さんの気持ちわかります。トキソプラズマ感染症もリステリア感染症も稀な病気ではありますが、ネットや本でしらべると不安になってしまいますね。
トキソプラズマは妊娠中に感染すると胎児に影響を与えます(先天性)。猫がよく悪者にされますが、外で飼ってる猫や野良猫がリスクが高いようで、むしろ妊娠中の生肉を食べることを避けることが大切なようです。後天性トキソプラズマ感染症はリンパ節腫脹を来すことがあります。症状がほとんど出ないこともあるようです。
リステリア菌感染症は妊婦、新生児、老人、免疫の低下している方が感染しやすいとされていますが、健康な小児でも感染することが稀にあるようです。通常は胃酸で殺菌されますが、菌の量が多いと問題になり、チーズ等は賞味期限を気にした方がよさそうです。
感染のことが気になり日常生活に影響するぐらい心配なときは「標準的予防策」をお勧めします。お肉を触った後は石けんで使って手洗いするだけです。他の感染症の予防にもなるのでお得です。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


松井潔(まつい きよし)先生

愛媛大学医学部卒業
神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント
国立精神・神経センター小児神経科レジデント
神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て
現在,同総合診療科部長
小児科専門医,小児神経専門医,新生児専門医

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
19

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。