出生体重が大きめですが体重の増え方が緩やかです

21
育児のQ&A

出生体重が大きめですが体重の増え方が緩やかです

生後4カ月12日の男児について質問します。出生時体重は3,400gで、ミルクと母乳の混合育児です。生後1カ月まで母乳のみだったため、体重の増え方が緩やかで、成長曲線が一時下向しました。その後ミルクを足すようになったところ、平均の下の方ではありますが、緩やかに成長曲線にそってカーブを描きながら経過しています。
4カ月健診時には、出生体重が大きく身長も伸びているのに、望ましくない状態だと言われました。出生時体重が大きめでも、その後の成長が緩やかだと問題なのでしょうか? 本人は機嫌もよく、授乳回数は1日8回から9回、睡眠時間は10時間程度です。もう少しで首がすわりそうです。現在、ミルクは1回160mlを1日に3~4回足しています。体格は、次のように育っています。
生後1カ月健診時(生後1カ月5日):身長 55.5cm 体重 3,680g
生後2カ月0日:体重 4,850g
生後4カ月健診(生後4カ月0日):身長 62.4cm 体重 5,609g
生後4カ月11日:身長 63cm、体重 5,950g

 

たしかに出生後の体格は大きめでしたが、現在は平均より小柄でやせぎみですね。出生後から1カ月健診までの体重増加が280gしかありませんでしたが、その後の1カ月間で1kg以上増えており、この期間に適切なミルク補充ができたと考えます。
出生時の体格は、母体の影響が大きいです。母体が大柄だと子宮も大きくなるため、胎児が大きく育ち、赤ちゃんは出生時に大柄で生まれたりします。しかし、出生後は本人の体質によって、体格が平均的あるいは小柄になったりする場合もあります。
大切なのは、赤ちゃんにとって適正な栄養と環境が用意されているかどうか、ということです。ご質問文からは、お子さんには欲しい分だけミルクが足され、健康に成長されていると考えられます。したがってこのままの哺乳を続け、定期健診時に体重・身長と発達を診ていただければ、よろしいかと思います。なお、離乳食は生後5カ月でスタートするようにしましょう。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
21

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。