出産翌日に子を亡くし次の妊娠に自信が持てません

4
妊娠・出産のQ&A

出産翌日に子を亡くし次の妊娠に自信が持てません

昨年、第一子を分娩中の胎盤剥離により、出産翌日に亡くしました。3ヶ月半がたちましたが、心がまだ苦しいです。友だちや周りの人の妊娠や出産の報告を聞くと、素直に喜んであげられないですし、次の妊娠・出産が不安でたまりません。
妊娠中は、特に問題もなく過ごしていたのに、最後の出産でこんなつらいことになるとは、思いもしませんでした。お医者様からは、「次は帝王切開にしましょう」と言われましたが、これからの妊娠・出産に、どう気持ちを持っていっていいのか分かりません。

 

第一子のお子さんを亡くされたとのこと、ご冥福をお祈りします。亡くされてからまだ3ヶ月しか経過していないなら、とてもつらいご心情とお察しします。
産婦人科医は次のお子さんの妊娠について、いつごろから準備に入ってもいいと言われましたか? まずは、しっかりと母体の健康を回復させましょう。
それぞれの妊娠で、母体の体調と胎児の状態は異なるものです。私自身、2度の流産を経験し、3度目の妊娠で第一子を授かりましたが、そのときには、絶対安静を心がけて出産に臨みました。しかし第二子は、安静にすることもなく安産で出産できました。
体調管理や妊娠の準備については、産婦人科医によく相談し、安心して次のお子さんへの準備を行ってくださいね。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。