乳口炎が治らず、乳首~乳房の痛みが続きます

8
妊娠・出産のQ&A

乳口炎が治らず、乳首~乳房の痛みが続きます

生後3カ月の女児を完全母乳で育てています。生後1カ月ごろから約1カ月間、乳腺炎を繰り返し、今も授乳中以外は、ずっとチクチク・ピリピリした乳房の痛みに悩まされています。横になっても痛いです。
痛みの原因は、はっきり分かりません。乳口炎にもなっていたので、そこからの痛みかもしれないとのことで、抗生物質の入ったステロイド軟膏を処方していただき、様子を見てきました。現在、乳腺炎はなくなりましたが、乳口炎が完治することはなく、乳首~乳房の痛みはなくなりません。
症状を改善させる方法は、他にありませんか? また、下着の刺激から乳首を守るよい方法があれば、教えていただけたら幸いです。

 

産褥期には乳房内の血液循環のバランスが乱れ、うっ血、浮腫などが生じて痛みを感じることがあります。また、この時期は乳房だけでなく、乳頭の擦過傷、亀裂、乳口炎や水疱などの乳頭トラブルも生じやすいのです。
痛みを改善させる方法のひとつに乳房マッサージがありますが、今の状態では、むしろ乳管の開通に努めた方がよいのではないかと思います。乳管が閉塞しているとうつ乳も生じますし、乳管口を1本でも多く開通させ、赤ちゃんが飲みやすい乳頭、乳房にした方がよいでしょう。
乳輪部の奥の乳管まで柔らかくして、乳管をしっかり開通させます。そのためにはまず、乳輪、乳頚部(乳頭の付け根の部分)、乳頭部を最初はソフトに痛くないよう浅く、しだいに深く、手の向きを変えながら全周して引っ張り、圧迫して柔らかくします。そして、赤ちゃんには乳輪部まで深くくわえさせ、抱き方を変えて(たとえば、赤ちゃんを脇に抱えるなど)飲ませましょう。
このように抱き方を変えて飲ませることで、乳頭の同一方向に負担がかからないようにし、授乳後には残った乳汁を排出させます。その上で、乳頭の皮膚の表面にワセリンなどを塗布して保湿し、保護しましょう。また、産褥期の乳房の状態は変化しますので、継続的に乳房外来でも診てもらった方がよいと思います。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。