お腹の中の赤ちゃんの状態を知ることができるノンストレステスト(NST)とは?

ノンストレステスト イメージ

 

妊娠後期になると実施される「ノンストレステスト(NST)」では、具体的に何をみているのか分からない方も多いのではないでしょうか。ノンストレステストは、お母さんやお腹の中の赤ちゃんに負荷をかけることなく赤ちゃんの状態やお腹の張りがあるかが分かります。ここではノンストレステストの目的や検査内容、判断基準などについて詳しくお話ししていきます。

 

 

お腹の中の赤ちゃんの状態を知ることができるノンストレステスト

NSTと略されることも多い「ノンストレステスト(non-stress test)」は、胎児心拍数モニタリングといわれる検査のひとつで、お腹の張りがない状態でお腹の中の赤ちゃんが元気であるかを胎児心拍から評価するための検査です。これは、自然分娩に赤ちゃんが耐えられるかを見るためにもあります。病院によって異なりますが、だいたい妊娠34週前後に、必要に応じて行われます。

 

ノンストレステストを行うと、時間の経過とともに胎児心拍数や胎動、お腹の張りを記録できる胎児心拍数陣痛図(CTG)に波形で記されていきます。

お腹の中の赤ちゃんが元気であれば、胎動や内診、お腹を刺激したときなどに赤ちゃんの交感神経が刺激され、心拍数が増えます。心拍数の増加は、お腹の赤ちゃんの自律神経系が正常であることを示す反応のため、ノンストレステストでは、胎動などで起こる心拍数の変化を利用し、胎児心拍数陣痛図に一過性頻脈といわれる波形が認められるかをみます。

 

 

ノンストレステストの内容は?

ノンストレステストは、お母さんのお腹に赤ちゃんの心拍数とお腹の張りを計る2つのセンサーを装着して行います。基本的には、上半身を約30°起こした姿勢で行うことが多いですが、その体勢が辛い時などは、スタッフに相談してみると良いでしょう。

 

検査にかかる時間は、お腹の中の赤ちゃんの状態によりますが、最低でも20~30分程度の時間がかかります。

お腹の赤ちゃんは、20分起きて20分寝ての40分の睡眠サイクルを繰り返しています。赤ちゃんが寝ているタイミングに測定すると元気である状態が見えづらいため、赤ちゃんが起きるのを待つため、測定の時間が長くなる場合もあります。

 

 

ノンストレステストの費用は?

検査費用に関しては、妊娠・出産が病気ではないため、妊婦健診自体が健康保険の適応外になっています。そのため、負担額は2,000円前後がほとんどです。

自治体からもらえる妊婦健診補助券が使える場合もありますので、病院で確認すると良いでしょう。ただし、切迫早産など治療でノンストレステストが必要な場合は保険の適応になります。

 

 

ノンストレステストの判定方法とは?

ノンストレステストは、時間の経過とともに胎児心拍数陣痛図に記された「胎児心拍数」に加え、「胎動」や「お腹の張り」などから判定されます。

 

【胎児心拍数陣痛図】

胎児心拍数陣痛図イラスト

 

●胎児心拍数陣痛図の見方

胎児心拍数陣痛図のグラフは、2本の波線が出ます。

上段に表示されているのが「胎児心拍数」でお腹の赤ちゃんの心拍数になり、下段に表示されているのが「子宮収縮圧」でお腹の張りになります。

真ん中の「■」で表示されているのは赤ちゃんが動いたときに表示される「胎動」となります。

 

赤ちゃんの心拍数のグラフについては、平らな状態よりギザギザと波打っている状態の方が元気です。ただし、寝ているときは、動きがすくないので平らな状態が続くことがあります。

起きて動いている状態だと心拍数があがり、ギザギザが大きくなり元気であると判断することができます。これを一過性頻脈と言います。

 

反対に胎盤の機能が落ちている時や赤ちゃんに元気がない状態ですと、心拍数が下がったり、谷のように下に心拍がぐっとさがる場合もあります。赤ちゃんの状態によっては、入院や緊急帝王切開となる場合もあります。

 

・下段のグラフはお腹の張りがあるかを示しています。お腹の張りがあると山のような形になり、お腹の張りが強く時間が長いほど大きい山になります。このお腹の張りがどのくらいのペースで来ているかで、陣痛が始まっているのか判断することもできます。

お腹の張りがきた時やきた後に、赤ちゃんの心拍数が下がるときがあります。そのようなときは、本格的な陣痛の時に、お腹の張りの力も強くなるため、赤ちゃんが陣痛に耐えられないと判断され、帝王切開でのお産になることもあります。

 

 

赤ちゃんが元気でないと判断された時は?

ノンストレステストでお腹の中の赤ちゃんが元気な状態ではないと判断された時は、人工的にお腹の張りを起こして、赤ちゃんの心拍数の変化をみるコントラクションテスト(CST)やノンストレステストに超音波検査を一緒に使い胎動や羊水量、呼吸の運動などを確認する検査を行い、お腹の中の赤ちゃんの状態を判断することになります。実際に、赤ちゃんが元気ではないと判断された中で状態が悪化しているケースは、50%未満と言われています。

 

 

まとめ

お腹の中の赤ちゃんの状態を知ることができるノンストレステストは、赤ちゃんが陣痛に耐えられるのか、赤ちゃんは元気であるのかが分かる大切な検査です。赤ちゃんが元気ではないと判断された場合も追加検査などで詳しく調べられ、お腹の中の赤ちゃんの状態に応じた適切な対処につながります。

ノンストレステストでは、お腹の中にいる赤ちゃんの心臓の音をきけるチャンスのある検査です。赤ちゃんの心臓を聞きつつ、リラックスして検査を受けられると良いですね。

 


監修者:Yuko

看護大学卒業後、大学附属病院産婦人科病棟にて助産師として勤務、私立大学看護学部実習助手、市役所臨時職員を経てベビーカレンダーの記事執筆・監修に携わる。現在一児の子育て中。

 

 

2018/03/13

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。


はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。