妊娠初期の体験談(身体の変化のこと)

0

 

つわりは重くなく食欲はありましたが油物や肉類、魚類はあまり食べたいと思いませんでした。さっぱりしたものが食べやすく、主食だとそうめんやうどんなどの麺類、副食だと酢の効いたもの、デザートではフルーツやゼリーなどを食べていました。入院していた時期もありましたが栄養士の方に相談することができ、なるべく食べれる献立に替えていただけました。
てんさん
安定期に入ってからは悪阻も落ち着き、家事や育児も少しずつ再開させていきました。お休みしていた仕事にも復帰して、安定した体調でほぼ今まで通りの生活を送ることができました。ただ、やはり体力は落ちていて、お腹の重さもあってか疲れやすくなっていたので、妊娠前よりゆっくり落ち着いて行動することを意識して過ごすようにしていました。
みみなさん
つわりがあまりなかったこともあって、いつも妊娠が継続しているのかヒヤヒヤ。胸も張らないし、体温も少し高いけど…と心配ばかりしてました。でも、妊娠はやっぱり何も変化ないわけではなく、着実に母になる準備を進めていました。なんだか疲れやすいし、いつも通りにいかない。そんな些細なことですが、それも小さなサインでした。
ののさん
1人目の妊娠では張り切って妊婦服を用意したけど、必要になるのは7ヶ月目くらいからだったので、季節が合わず買い直す出費が発生しましたが、2人目はお腹が出るのが早いことを知らなかったので、用意してなかったら既に3ヶ月目くらいから普段の下着やズボンが苦しくなり、悪阻が治らない時に揃えなければいけなくて大変でした。
いきなり団子さん
妊娠発覚前は、自分の運転や電車でも酔い、朝起きた時は寝汗をかいていたり生理予定日前から何かいつもと違うと感じました。ですので、早い時期からお酒や薬を避けてみたりすることができました。
まきろんさん
すきな、食べ物が嫌いになったり、逆に嫌いだった食べ物が好きになったり。。と食の好みが変わることに驚きました。    後期になってくると体毛が濃くなったり、乳輪や、陰部が黒くなったりします、、すごくショックを受けますが、ホルモンの関係ないなので、産んでから徐々に戻ります。
mi-mamaさん
つわりが始まったからとは言え、お腹が大きくなるわけでもなく、赤ちゃんを感じることはなかったので不安でした。体重もどんどん減っていき、ちゃんと育っているか心配でたまりませんでした。
ちっちさん
花火大会に彼氏(旦那)と行った時トイレばかり行きたくなり、トイレから出ても尿意が襲ってきた。トイレから出て移動してもすぐトイレに入り、尿が出ないとわかっていてもトイレ探しばかり。トイレに入った瞬間花火が始まってしまい私はトイレ、彼氏は一人で花火のオープニングを味わった。
いぬさん
妊娠初期から胸がどんどん大きくなり、お腹は出ていないのに妊娠している事を職場に隠せなくなる程でした。接客業の為なるべく目立たない服を着たりしましたがお客様にもバレてしまう始末。皆さんに気を遣わせてしまいました。  こんな事なら最初から打ち明けておけば良かったと後悔。笑  
ムーさん
胃腸の膨満感がひどく、3ヶ月頃からマタニティを着用して出勤しました。  腸は楽でしたが、マタニティはウエストゴムが胃の辺りにあったので、つわり中の胃を締め付けて辛かったです。同じ理由でブラジャーも。  仕事をしていなければ、ノーブラでワンピースを着ていたかった。
ゆう さん
妊娠初期に便秘に悩まされた。つわり時は食べる量や食事に偏りがあり仕方ないと思っていたが、その後も4-5日出ないとかでしんどかった。  処方された薬は効かず、最終的に食生活を見直すとマシになった。  ヨーグルト、納豆、ゴボウ、いも、豆乳などをよく摂るようにした。
maさん
ネット上などで、「妊娠で髪が薄くなった」といった記事を見かけることがありましたが、私は髪は薄くなりませんでしたが、腕や足、お腹の毛がどんどん薄くなりました。  妊娠前は割と毛深いほうでしたが、妊娠9ヶ月目となった今では毛を全く剃らずに済むくらいになりました。
トミーさん
私は初マタですが、旦那と仲良しをした直後からなんとなく、授かれるような気はしていました。  その翌日、チクチクとつつかれているような下腹部痛がありました。  その下腹部痛は3日程続きました。  それで私は、授かったな、と確信に近い感覚はありました。
ポッキーさん
吐きづわりだったので、食べるものに困りました。特に自分で作ったご飯はおいしいと感じることはありませんでした。果物やゼリー系ばかり食べて体重はマイナス3キロとなりました。体重の数字以上に足やお腹が痩せて、赤ちゃんが無事か心配になりました。
りーなさん
妊娠検査薬で陽性がでてすぐ、病院に行く前から吐き悪阻になりました。1人目の時も吐き悪阻だったため、吐き慣れていたのと食べたら吐くタイプだったのでたくさん食べて吐くをくり返しました。
尚さん
周りの妊婦さんがお腹がではじめても、私はなかなか出てきませんでした。  それは初期に限らず中期、後期でも。    個人差がかなりあり、検診で問題もなく赤ちゃんが元気なら大丈夫だよ!と、それで心配している妊婦さんには伝えたいです。
かーちゃんさん
乳首か真っ黒になっていって本当に驚きました。あとおへそ周りもすごく茶色くなりました。  このままだったらどうしようと、マタニティーブルー気味だったので、そんなことでも悩みましたが、子どもを産んで数ヶ月で元に戻りました。
さちなりさん
悪阻で吐くことはあったものの、家に帰ってきた時が1番辛かった。  仕事に行ったり、外食に行ったりすれば、外で吐くことはほとんどなかった。  私の場合は、外に出ることでよい気分転換になったのだと思う。
まいめろさん
ゆっくり動くように意識していると、職場で体調悪いの?疲れているの?と聞かれました。まだ公にしていなかったので隠しながらではあったのですが意識の変化はすでに母親としての自覚だったんだなと思います。
うたさん
妊娠初期はとにかく眠くて、寝ても寝ても全くスッキリしませんでした。  仕事中も眠たくなるので休憩時間はは食事よりも睡眠に使っていました。  悪阻はない方だったのでそこだけは救いでした。
ゆうきさん

 

 

2019/06/05


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。