妊娠初期の体験談(気を付けておけばよかったこと)

0

 

妊娠したとわかったら、無理なことはしないこと!  私は妊娠7週で、買い物中、生理のような血が出てしまい、急いで救急に駆け込み診察してもらいました。なんとか心拍が確認できて、ほっとしたのを覚えています。  ただ、血の塊ができていて、今後も流産の危険性もあると言われてしまいました。  丁度仕事が忙しい時期で、あちこち歩き回ることが続いていたので、妊娠初期でしたが上司に相談し、仕事をセーブさせてもらいました。  お腹がでているわけでもないし、イマイチ実感するには難しい時期だけど、赤ちゃんからの、ここにいるよー!っていうSOSだったと思います。  なかなか周りに言えないときだからこそ、自分で赤ちゃんをまもりましょう!
りゅうまさん
妊娠初期、私のつわりは食べづわりでした。食べてないと気持ち悪くなるので、一日中、2~3時間おきに何かを食べていないと気持ち悪くなってしまいました。仕事もしていたので職場の人に事前に伝えておいて、おむすびやお菓子を食べる毎日…。栄養不足?か暑さで(つわりは夏だったので)目眩がすることもありました。疲れやすくなっていたのか、仕事をして帰る頃にはヘトヘト。葉酸サプリを飲み始めたのもこの頃です。今思うと、あの頃もう少し運動をしておけばよかったと思います。出産でお腹の肉が伸びて全然戻らないし…体重もすぐには戻りません(笑)筋肉つけておけばよかったと本当に思います。
ゆめさん
つわりがひどい時期は思いきって仕事を休めば良かったです。ただ、つわりは徐々に酷くなって行くので、一体いつがピークで、休むべきタイミングがいつなのか、自分では判断できなかったのが本音です。そのため、例えば、家族に症状を話した上で「休んだ方がいい」と言われたら休むというルールなどを、つわり症状がでる前に決めておいた方が良かったかな?と思います。  ただし残念ながら、つわりは病気ではないので、仕事を休んでも全く治りはしないです…。それでも、外に出るよりは多少体が楽!という人はどんどん休んだ方が良いと思います。
まきろんさん
妊活していて妊娠の可能性があったのにお盆の帰省。  連日お酒を飲んでしまっていました。。。  普段よりは控えたつもりでしたが考えがある甘かったです。  たばこも1日に5本程度吸っていました。  その影響かはわかりませんが子どもが先天性の腎臓の病気で片方機能していない状態で生まれてきました。  日常生活にも問題ありませんしとっても元気ですが、片方の腎臓に頼って生きているのでこれから不具合などでないか心配です。  妊活を始めたらお酒、たばこはその時点で辞めたほうが良いですね。
むぎねこさん
妊娠初期、つわりはひどくなかったものの、子宮の外側に血液が溜まっているから安静にしててくださいと医者には言われてました。しかし、仕事は続けているし家事もしなくてはいけないため、普段通りの生活を送っていました。その日も仕事を終えて帰宅して夕飯を作っていたときに、突然出血し出して止まらない状態に。流産したと思い慌てて病院に連絡したところ、子宮の外側の血が出ているだけで赤ちゃんには影響がないとのこと。2~3日入院となりましたが、もっと安静にしておけばよかったと反省しています。
えまさん
満員のバスで、座るところがないとき、私は我慢して立っていたのですが、めまいがして倒れそうになりました。途中下車してしまうと、いつ次のバスが来るかわからない状況だったので、降りることもできませんでした。優先席に座らせてもらえばよかったなと思います。また、私は無理して職場に行っていましたが、同じく妊娠中の同僚は交通渋滞が緩和するまで休んでいたので、私もそうすればよかったなと思いました。いずれも緊急事態のときや、しんどいときは無理しないで休めばよかったなと思います。
めがねさん
食べることが大好きで、普段からよく食べていたが代謝がいいためか太ることはなかった。  妊娠中も安心して同じように食べていたが、今まで快便だったはずなのに便秘で全く便もでず、早いうちからどんどゆと体重が増えていってしまっていた。  思っているより体重増加に繋がりやすいこともあると思うので、便秘を酷くしないような食事や、体重管理は十分にした方がいいと思う。
まいめろさん
妊娠が2度目だったこともあり、仕事で重いものを持ったり、バイクに乗ったり、上の子を抱っこしてたら、切迫流産になってしまい、結局安静にするしかなくて、周りに迷惑をかけてしまいました。妊娠初期は気付かないで動いてしまうことや、お腹も膨らんでないから無理してしまいがち。でも、すごく身体は変化していて、いつも通りが通用しないんだなと実感しました。だからこそ、妊娠したら初期からしっかりと自己管理して、普段の6、7割の行動に抑えないといけなかったなと痛感でした。
ののさん
35歳以上の出産の場合、ダウン症の検査を病院からすすめられます。旦那と何度も相談し、DNA検査を受けようと思っていましたが、いざ検査できる週になるとお腹が大きくなっていて赤ちゃんの存在を感じるようになっていたので、もし陽性でもおろすなんてとてもできないと思い、検査しませんでした。  羊水検査は流産する可能性があったり、血液検査は不確実性が高いため、検査する際はよく考えて検査することをおすすめします。病院での説明では、陽性で産むひとは2%と聞きました。
ジャスミンさん
人目の妊娠で、妊娠した初期の時点で上の子がまだ11ヶ月だったので、まだ授乳もしていたし、抱っこ抱っこだったので、抱っこしたり、子育て支援センターのイベントで子どもと体操するようなものにも行っていて、知らない間に無理をしていたのか、健診で、子宮頸管が短くなっているから安静にしてと言われました。そのため、授乳もやめることになり、上の子は突然の卒乳。抱っこもしてやらなくなり、最初からそんなに無理していなければ安静が続くこともなかったのにと思いました。
まりままさん
仕事が立ち仕事でわりと体を動かすのですが、それが原因かはわかりませんが生理のような出血をしてしまいました。出血があるだけで切迫流産という診断になるため、念の為ですが入院となり仕事を休む事になりました。妊娠初期の段階で職場には報告できていなかったので重いものは持たないなど気をつけていましたが、体に負担がかかっていたのかもしれません。初期の段階でも職場の上司など一部の方だけにでも早めの報告して仕事を配慮していただいた方が良いかもしれません。
てん さん
2人目の妊娠でトコちゃんベルトにかなりお世話になりました!  一人目の時から購入はしていたのですが、子宮を抑えてしまうんじゃないか、着用の仕方が間違っているんじゃないかと不安で、ほとんど使っていませんでした。  しかし2人目の妊娠では、初期からかなりお腹が大きくなったので、つらくてつらくて、トコちゃんベルトを助産師に再度付け方を聞き、着用すると、なんとお腹と腰が楽になったか!!!  トコちゃんベルトなしでは乗り切れなかったと思います?
キラリさん
予定をしっかり立てておくことをおすすめしますm(__)m    今回3人目の妊娠中、歯医者に行こう行こうと思っていましたが、仕事と育児をしながらだった為、すっかり行きそびれ、結局出産し落ち着いた、生後7ヶ月の時にようやく行くことが出来ました。  虫歯はありませんでしたが、歯医者さんにも、定期的にきちんと来てくださいねと言われてしまいました?    歯医者や美容室は生まれる前に行った方が絶対いいと思います\(^^)/
mi-mama さん
妊娠後期になるとよく「空気吸っただけで体重が増える」と言われますが、まさにその通りでした。初産のときはそれを知らなかったので妊娠中期以降の体重管理が非常にストレスでしたが、2人目以降の妊娠は、体重の増えにくい妊娠初期から体重管理をすることで、中期以降の体重増加に比較的余裕をもって対処できました。具体的には、食べづわりがあった初期の頃は、何か食べたくなったらこんにゃく麺や炭酸水、夕飯は炭水化物を少なめにしました。
あづまさん
つわりが酷い時、口に物が入っていると少し落ち着く事やヨダレづわりがあり、子どもの幼稚園送迎の時にどうしてもツバが飲み込めないので、飴をひたすら舐めてごまかしながら毎日過ごしていたら、血糖値の検査でひっかかり、本検査になってしまった。なんとか飴を我慢して食生活をなるべく正し、無事に本検査は異常なしだったが、つわりが酷い時は食べれる物を?なんて聞くけれど、ある程度ちゃんと考えてなきゃいけないなぁと実感した。
ぼーんさん
気をつけておけばよかったこととはちょっと違うかもしれませんが、日記などでもっと細かく記録しておけばよかったなと思います。  つわりのこと、身体のこと、赤ちゃんのこと。その時その時で思ったことってやっぱり忘れてしまいます。  次の妊娠にも役立ちますので記録することをおすすめします。妊娠初期でつらい方も気持ちを書き出すことで心が整理されると思います。つらい時期だからこそやって欲しいです!
めいぽよさん
つわりが酷く食べられるものがかなり限られていた為、ゼリーやプリンなど食べやすいものしか受け付けなくなっていました。  食べないよりはマシ!と思い食べ続けた結果、糖尿病予備軍と診断されてしまいました。  お医者さんに注意されてから野菜スープやお豆腐など食べやすいもの、かつ栄養の取れる物を食べるように意識しましたが最初から気をつけられたら良かったなと思いました。
くろずさん
家から職場まで自転車で5分の距離でした。  電車を使うとかなり遠回りになり、歩くには真夏だったので  自転車に乗っていました。  これが原因で妊娠中期になると恥骨痛が出てきました。  整体の先生に相談すると自転車を指摘されました。それから乗らなくなりましたが恥骨痛は産む直前まで続きました。骨盤がかなり歪むそうなので自転車は絶対禁忌です。もっと早くに知っておくべきでした。
ゆうきさん
栄養バランスを考えて食事やサプリメントをとるべきだったなと後悔しています。無事に何もなく産まれてくれましたが、こんなに可愛い我が子のために、もっとお腹にいるときから何かしてあげれていたら、、と思いました。妊娠中はつわりは軽かったのですが、好きなものばかり食べていました。。チョコやジャンクフードも食べたい時に食べちゃっていたので、もっと気をつけていればよかった、、。
マロンままさん
妊娠まえから妊娠初期は葉酸が特に大事ということは知っていましたが、サプリなどで取りすぎるとまた危ないと聞いてからは、食事で取るように気をつけていたので足りると思ってサプリを飲まなくなりました。  今思えば、調理して含有量が減り、食べ合わせで吸収力の違いなんかも考えだすと、食事だけで一日の摂取量を満たすわけないので、やっぱりサプリを飲んでおけば良かったと後悔しました。
いきなり団子さん

 

2019/06/05


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。