妊娠初期の体験談(やっておいてよかったこと)

0

 

私が妊娠中にやっておいて良かったことは、出産までにやることリストを作ったことです。・エコーアルバムを作る。・携帯の写真を整理する。・家の中の物を断捨離する。・1ヶ月外に出なくてもいいように、日用品のストックを買いに行く。・産前産後にもらえる手当の書類リストを作る。・高級レストランのランチに行く。 ・温泉旅館に行く。・映画館、カラオケに行く。などなど、赤ちゃんが産まれたらできないことをまとめ、時間がある時に少しづつリストを実行しました。つわりが辛く、何をするのも時間がかかったので、初期からリストを作っておいて良かったです。
イオさん
産休に入ってからの実家の掃除です。  もちろん重いものを持つなどではなく、できることは限られますが…  出産後は本当に時間も余裕もないので、とにかく赤ちゃんと生活する環境を事前に整えておくのは大切です!  どこがどのように危ないかは、実際一緒に生活してみないと分からないこともありますが、とにかく物を置かない、清潔にする!を心がければ最低限良いかと思います。  私の場合は自分の部屋の思い出たちの整理や、ごちゃごちゃになっていた自分や弟の子どもの頃の写真をアルバムに整理して、生まれてくる子どもはこんな感じかな?懐かしいねと家族と見て楽しみながら過ごしました。
キイロイトリさん
私が妊娠初期から心がけていたことは妊娠線の予防と鉄分の摂取です。  妊娠線予防クリームを母子手帳交付日に購入しその日から毎日、胸とお腹、太もも、お尻まで隅々にぬっています。  そのおかげが35週現在すごい綺麗な肌をキープしています!出産まで続けたいと思います!  貧血予防の鉄分摂取は元々低血圧と貧血気味だったので普段以上に妊娠がわかってから食事で鉄分摂取を心がけていました!  サプリで摂取しようとせず、レバーは苦手なのでほうれん草などの鉄分が豊富な野菜から取るようにしていました。  そのおかげが体重増加もなだらかに増えていっています!
ゆうきさん
切迫流産、切迫早産で入退院を繰り返し、長い間絶対安静で過ごすことになりました。子供は無事に産まれてきてくれて何よりでしたが、産後は筋肉が衰えていたこともあり、恥骨痛が酷く、歩くこともやっとの状態でした。  骨盤矯正に通い、勧められたのが骨盤ベルトです。あまりあてにしていませんでしたが、ベルトを巻くと歩くのも少し楽なり、安定しました。  また、骨盤のゆがみも整えてくれるのでとても助かりました。  ベルトをしていないとお腹がたるんだままになったり、骨盤のズレが治らずいろんなところに症状が出てくると聞きました。  ベルトを巻くのをお勧めします!
ちーたんさん
結婚して共同生活がはじまった頃から、ずっと実家暮らしで家事をやったことのなかった夫の教育をしました(笑)    掃除、洗濯、簡単な料理、食材の選び方等。。    お陰で私が悪阻で寝たきりの時、全てをこなしてくれました(笑)    あとは中々男性は理解できないものだと思ったので、妊婦さんに関するコラムのURLをLINEで送って読ませていました。    そういうものなのかと理解したらしく、どんなに私が体がしんどくてダラダラしていても、責められたことは1度もなかったです。
かーちゃんさん
妊娠中に保険の見直しを行いました。その時に入っていた保険よりは内容的には良いものの、産後保険を見直すとあまりよろしくない内容でした。(妊娠週数が関係してくるので、焦って契約したのもあります。)  ですが、まさかの出産中に子宮内が切れたため緊急搬送、手術となったため、生命保険に入っておいてよかったです。  そんな大ごとにはならないだろうと思っても、まさかは本当に起こるものなので、保険に入ってない方、初期に見直しをされる方は焦らずに見直しをされた方が良いかもしれません。
ちぃままさん
カフェインレス、低カフェイン、生物を避けるなどをしていました。  妊娠前は紅茶やお茶も好きだし、お寿司も大好きだったのですが、妊娠が分かってからは1日1杯のカフェインにも気を遣い、お寿司は蒸しエビや火の通った物のみ、生ハムは諦め、お肉はやたらと火の通りが気になりました(T_T)  産後完ミになってしまったので、全て解禁し好きな物を堪能できる幸せ(笑)  元気すぎる位の赤ちゃんも誕生し、妊娠中はお腹の中の子に何かあったらとずっと我慢していて良かったなと思いました。
くちばしさん
妊娠線予防です!  つわりもひどかったので、食事は食べれるものを食べていて何も気をつけていませんでしたが、妊娠線予防だけはしっかり行っていました。  安物でもいいので、とにかくクリームやオイルを毎日欠かさずつけること。  お腹だけでなくおしりや背中にもつけて、気をつけていました。  それだけ気をつけていても、産まれる直前、最後の最後で妊娠線が2本出来てしまいましたが、これだけで済んだと思うと、しっかりやっていて良かったなと思います。
ヨウトママさん
つわりが続き、家ではずっとソファーに横になる毎日。家事も全く出来ず旦那に助けてもらいながら乗り越えました。そんな中、旦那も仕事をしながらの家事の大変さがわかったのか、洗濯乾燥機を購入。洗濯物は洗濯機で洗い、乾燥機で乾かすことが出来るようになりました。天気も気にせず、洗濯物を干したり取り込んだりという手間も省けてとても助かっていました。
みみさん
妊娠出産の知識が無く身内も居ない外国での出産だったので、先ずはこちらの国と日本それぞれの国の妊娠出産の手引き的な本やネット情報を読みあさりました。  先に色々知識を得ておく事で、病院や出産準備の買い物の際に言葉の不安なく対応する事が出来ました。  妊娠初期は案外やるべき事、気をつけるべき事、体の不調がない時期だったので!勉強しておいて良かったです。中期からはマイナートラブルや出産準備の買い物とか気をもむ事が多かったのでそう思います。
ちょこちょこさん
妊娠後期に入った頃に、マタニティピラティスに参加しました。そこで、全身の筋肉をほぐすストレッチをいろいろな道具を使いながらたくさん教えていただきました。中でも、会陰部の筋肉を、ボールを使ってほぐすストレッチがあったのですが、それをしていたおかげか、出産時の会陰部の傷が小さく済みました!今回私は2人目の出産でしたが、1人目の時よりも傷が小さく済んだので、1人目の出産の前にも同じストレッチをしておけば良かったな?と少し後悔しました…。
みみな さん
妊娠初期の頃に切迫流産で入院をして、その時は大変だなとしか思えなくて、悲しくなったりしていました。思い返すと、あの時に切迫流産になって、自分だけの体じゃないから大切にするということを学びました。疲れたら休む、寝る、我慢しない、周りに頼る。まだお腹が膨らんでないと、色々と遠慮しがちですが、自分を大切にしてあげることが、結果赤ちゃんの健やかな成長を促すことになるんだなと改めて感じました。妊娠は病気じゃないけど、遠慮しちゃいけません。
ののさん
マタニティー用の服はまだお腹も目立たないし、いいかな?と思っていましたが、マフラーや圧迫する服がなんとなく、不快になってきたので、マタニティー用の服を買ってみたら、やっぱり専用のものは考えられていて不快感はなくなりました。  妊娠中しか着ないから、もったいないし何となくダサい!と思っている人もいるかと思いますが、産後半年までくらい骨盤が戻らなくて妊娠前の服が入らないので、役に立ちますよ。H&Mは、安くてかわいいのでおすすめです。
ひわ さん
妊娠線が出来るのが嫌だったから、妊娠が解り安定期に入る頃に出てきはじめると、雑誌で書いてあったため、毎日お風呂の後と、朝にボディクリームをお腹に塗っていた。元々体重の増減が激しかったため、安定期の時点で平均体重より8㎏オーバーしていた。お腹がある程度脂肪で膨らんでいる状態から、安定期にはいったため、妊娠線がいっさい出来なかった。最初に少し広げておくと出来ないのかもしれないけど、後から減量が大変。
しょうとのママさん
毎日の食事の内容をノートに記録することです。私の場合は主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物に分けてSV数を記入しました。その日にバランスの良い食事がとれなかったとしても、野菜が少なかったから明日は野菜をしっかりとろう等、栄養バランスを意識するようになりました。悪阻の時期はもちろん偏りましたが。母乳育児をしている今も、記録は続けています。今はつけている意味がないくらい偏ってしまっていますが…
まゆさん
上の子達に産後の流れを教えておく。  入院中は離れ離れになるのでどうしてそうなるのか。  入院中は、保育園、学校に誰と行くか。  赤ちゃんをかわいがってもらえるように、2人の産まれた時の話をしまくって一緒に名前を考えてお腹を触ったり話しかけたりしました。  おかげで入院中は離れて少しは荒れましたが退院後はものすごくかわいがってくれて、2人目出産の時に比べてかなり穏やかでした。
なつさん
妊娠がわかってからすぐ、妊娠線予防としてお風呂上がりにボディクリームとオリーブオイルを塗っていました。せんよお腹が大きくなる前からやっていました。そのおかげなのか、お腹には妊娠線はできませんでした(^^)ただ、塗りが甘かったのか、腰骨のあたりには妊娠線ができてしまいました。これからママになる方は、お腹だけでなく腰骨あたりまでクリームで妊娠線予防することをオススメします??
すずあやさん
デキ婚で、産後に式をすることにしました。式場を見に行って決めて、プランナーさんから4ヶ月前から打ち合わせと言われました。ただ、ドレスや打ち掛けは産前のお腹が目立つ前に提携のドレスショップに決めに行きました!  産まれてからはとてもじゃないけどゆっくりは見れないし、母乳で汚しそうなので先に行っておいてよかったなと今思います!早めに予約もできたので好きなドレスが選べました。
杏さん
妊娠初期、つわりが酷くほとんど食事を食べたいと思いませんでした。でも子供に栄養をと思って葉酸サプリを飲んでいました!それを飲むのもオエッとなってましたがそれを飲めるとなんだか気持ち的に栄養いってるような気になってました笑また葉酸サプリは吐き気を抑える作用もあるらしく、そのおかげかわかりませんがむかむかするものの吐きはしなかったし、つわりが終わるのも早かったです!
にゃんさん
会社を退職する。  今思えば結構ストレスが溜まる仕事をしていたので早産や流産の可能性もあったかもしれない。毎日立ちっぱなしで扱いづらい先輩や上司、やめておいて正解だった。  そのため産まれた後のことを余裕持って考えることができる。  今まで体重等検診で注意など受けたことない。ストレスなく家にいて出来る範囲で家事させてくれる旦那さんがいたからだと思う。
sayさん

 

2019/06/05


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。