2012年:ら行(女子)

写真麗々(らら)ちゃん
歌の歌詞に♪ららら~とよく出てきます。言葉に出来ない嬉しい気持ち、楽しい気持ち、幸せを表しているように思えます。この子の生涯がそんな気持ちで満ち溢れたものとなってほしい、そんな願いをこめてららにしました。悲しいニュースがたくさんありますが、震災以降日本人の中にある美しい心があちらこちらで見えてきました。見た目よりも内面の美しい麗しい女性になってほしいです。(ゆうららさん)
写真凛愛(りあ)ちゃん
1400g という超低出生体重児として産まれた我が子。そんな小さく産まれたこの子に大きく凛とした子に育ってほしい。そして皆から愛される存在になってほしい、と言う願いから”凛愛”と名付けました。(かっちんさん)
写真莉愛(りあ)ちゃん
4つ上のお姉ちゃんが名付け親です☆お花のように可憐で愛らしい子になりますように!!(るぅさん)
写真理愛奈(りあな)ちゃん
as wecan see the name really fits her adorable face , like as if it is there to be hers..when i first saw and hold her in my arms nodoubt, its gonna be rhianna! fortunately ihaven't got a hard time thinking or choosing her name , and actually theres no episodes ,drama, or deep explanations why i named her riana..,try to have your self a favor and just simply look at her ,,,im sure you can tell , cause it will gonna pop up in your head in an instant saying its gottabe riana♪(aikaさん)
写真莉愛空(りあら)ちゃん
漢字がすごく迷ったんですが、果てしなく続く大空もイメージして、「愛嬌があって可愛らしく、誰からも愛される広い心を持った子」という意味を込めて名付けました(*^-^*)これからの成長が楽しみ★+.(o´∀`o).+(MIOMIOさん)
写真璃衣子(りいこ)ちゃん
ママとお姉ちゃん(3歳)も漢字三文字で止め字は子であることから'○○子'という名前を考えていました。漢字の「璃」は、美しく光る玉という意味で、それをまとうという意味で「衣」、璃衣子と名付けました。落ち着いた雰囲気と響き、そしてりいちゃんと呼びやすく周りからも素敵ね、とお言葉をたくさん頂きました☆(カープちゃんさん)
写真璃桜(りお)ちゃん
旦那さんが本を買って来たので見ながら選びました。(トリプルMさん)
写真琉音(りお)ちゃん
お姉ちゃんが夏音(かのん)なので、下の子も「音」という字を付けたいと思っていました。「りお」という読み方から入り、「り」という漢字を探していましたがしっくりくる字がなくあきらめかけていたところ、お姉ちゃんの名前を考えたときの気持ちに戻り、好きな音…沖縄民謡だ!ということで「琉」を「り」と読ませました。今ではどんな音楽も大好きなノリノリな子になっています♪(ラブキスさん)
写真凛音(りお)ちゃん
私と旦那さんの出会いがダンスだったのでダンスに関係があるものがいいと言う事で最初から音という字を使うのは決まってました。凛と言う字は音との組み合わせで真っ直ぐと響く音をイメージして、凛と響き渡る音のように真っ直ぐにブレる事なく自分らしく育って欲しいという願いを込めて凛音にしました。(ばんびさん)
写真莉央(りお)ちゃん
私と妻の名前の頭文字が「い」と「う」だったので、長女の頭文字は「あ」にしました。我が家の愛犬がエリザベスなので、今回の次女は頭文字を「お」にしたかったのですが、「お」から始まる女の子の良い名前が無く、長女の名前から一文字取って最も字画が良いこの名前にしました。カーニバルのような明るく楽しくみんなに元気を与えられるような娘になって欲しいです。(いささん)
写真莉緒(りお)ちゃん
上の息子は旦那の文字を取ったので、娘には私(彩莉)から一文字取ろうと決めていました。兄弟親戚に○りちゃんが多く、ジャスミン(茉莉花)は夏の季語だったので、莉○ちゃんにしようと決めていました。生後、へその緒が他の子より太く、外からの衝撃から、中の血管を守っていたと分かったこと、緒の字にはつなぐ紐という意味、心という意味があり、画数も良かったので、母より幸せに、人と人との繋がりを大切にする人になってほしいと願い、名付けました。(あやりんさん)
写真里音花(りおか)ちゃん
名づけ親はお兄ちゃんです。お兄ちゃんの名前が「りゅうのすけ」だから「り」をとって、お母さんの名前が「まどか」だから「か」をとって、お父さんの名前が「おとうさん」だから「お」をとって…って、おいって思いましたけど自信満々に言っていたので「りおか」になりました。(あんちゃんさん)
写真りおん(りおん)ちゃん
長女の名前を付けた時には、これにしよう あれにしようと名前がいろいろ出てきて悩んだのですが、二人目になると全く名前が思い浮かばずかなり困ってしまいました。学生の頃、「レオン」と言う映画があり その映画に感動した私は、男が生まれたらレオンと言う名前を付けようと思っていましたが、二人目も女の子だったので、レオンでは男みたいだと周囲からの反対が数多く断念。レオンを一字変え「りおん」なら女の子らしい名前かな~と思い「りおん」で決定しました。若干手抜きかな?やっぱり二人目になると名前の付け方も違いますね。(mimiさん)
写真梨華(りか)ちゃん
妊娠がわかってから、切迫流産の診断で、出産まで仕事も休み自宅での安静生活でした。出血があるたび、不安で仕方ありませんでしたが、お腹の中で頑張ってくれてる赤ちゃんがいるからと言い聞かせて10ヶ月持たせることができました。産まれてきた時の元気な産声と、しっかりとした顔立ちをみて、この名前にしました。梨の季節と言うことと、梨の花言葉が博愛ということで、梨の白い花のように、清らかに愛情深く、華のある子に育って欲しく名付けました。また、りかは呼びやすく親しみ易いので年配者にも喜ばれました。(ひまひまわりさん)
写真吏玖(りく)ちゃん
この子は、3人目の子で、上にお兄ちゃんとお姉ちゃんがいます。お兄ちゃんが「そら」、お姉ちゃんが「うみ」なので、この子は、男でも女でも絶対「りく」にしようと、産まれる前から決めてました。女の子で「りく」があまりいないので、よく男の子に間違われちゃいますけど。でも、上の子たちは「いいね!」って言ってくれます。仲良し3きょうだいです。(ニャーマさん)
写真莉玖(りく)ちゃん
華やかできらびやかな女の子になるように☆…(りさん)
写真梨湖(りこ)ちゃん
響きと夫婦で自然が大好きため、自然の漢字を選んだ。(まっつんさん)
写真璃子(りこ)ちゃん
兄2人のあとに誕生した待望の女の子。産んで顔を見た瞬間、候補にあった「りこ」だなーと思いました。そして赤ちゃんと初対面した長男も「りこがいい!」と。10個以上あった候補の中から、直感が揃った事にも感動しました。漢字は、我が家の宝物として産まれてきた姫に「瑠璃」の宝物という意味がぴったり合ったのが決め手。そして、3人産んだご褒美にママとおそろいの「子」を付けさせてもらいました。みんなに「りこちゃん」「りこりん」と呼んでもらってます。(はるあつりこさん)
写真莉瑚(りこ)ちゃん
「莉瑚」と名付けたのは響きと画数です。ほとんどインスピレーションで決めました。特に呼びやすく親しまれるような名前を選びました。優しくて美しく、元気に育ってもらいたいです。(あまだくんさん)
写真莉子(りこ)ちゃん
よみがなは二文字!三文字や四文字だと後々略して名前を呼んだり、友達ができればあだ名になると、変なあだ名にならないように、二文字にこだわりましたv(^o^)「りこ」は歳をとっても違和感がないこと。そして読みのトーンと言えばいいのでしょうか…そこも好きなんです。それから東尾理子さんのイメージの努力家、優しさ、気遣い、おおらか、負けず嫌い等々私からみてマイナスイメージがない、ステキな存在の方からとりました♪めげずに治療を続けた結果ご懐妊され、私も嬉しくてやはり「りこ」と付けて良かったと思っています♪漢字は苗字とあうように旦那と考え「莉子」としました。(みぃ(σ≧▽≦)σさん)
写真莉心(りこ)ちゃん
呼びやすく、女の子らしい響きを考え莉心に決めました。莉の漢字はジャスミンを表す漢字で、花言葉から、可愛らしさを。そして外見も内面もかわいらしく、優しくなってほしいので、心の漢字を使い莉心にしました。名前はほぼ主人が考えてくれてとても気に入っています。(すみれさん)
写真里紗(りさ)ちゃん
大切な人から一文字ずつもらって。誰からも愛される笑顔の可愛い女の子になりますように、という願いを込めて。(carinoさん)
写真六花(りっか)ちゃん
叔母が名付け親。冬生まれなので、冬っぽい名前で六花と命名。雪の結晶の意味があり、雪の結晶は、1つとして同じ模様がなのいで、個性を持った子になって欲しいと言う意味を込めて六花と名付けた。(ピナヲさん)
写真梨那(りな)ちゃん
ずっと迷いに迷ってやっと決まった名前です。まずは意味よりも響きを重視して、意味は正直後付けですが梨の実ように綺麗な子になるように、また那の字はパパと新婚旅行でいった沖縄の那覇を連想するのでつけました。すごく気に入っています。(ゆらママさん)
写真璃菜(りな)ちゃん
一番上のお兄ちゃん(小1)が考えてくれました。ひらめき・・・かな?そこにママが好きな璃の字と3月ということで菜の字をあてはめました。(りょーはるさん)
写真梨乃(りの)ちゃん
妊娠初期の段階で女の子と信じきっていました。名前を考えるとき、ハワイが好きな私はハワイ語で響きが良いものを探し、見つけたのが梨乃。リノはキラキラ輝く、結ぶなとの意味があるそうなので、梨乃に決めました。後に私の母から、「あなたに梨乃って名前付けようとしてたんだよ」と聞かされました。親子そろって梨乃という響きが好きなようです。今では家族を結び、きらきら輝く笑顔で我が家の宝物です。(りのママさん)
写真璃乃(りの)ちゃん
親しみやすさから、二文字の名前にしたかった私たち。宝石のように輝いて、自分を大切に人に優しい子になってほしいと、この名前をつけました。今では我が家のアイドル。(ゆっきさん)
写真莉乃(りの)ちゃん
愛らしいという意味もある「莉」という字を使いたくて名前を考えていました。そこで、ママの96歳の祖母の「ちよの」から「の」、パパの84歳の祖母の「のり」を逆から読んで、「りの」と、両祖母から名前をもらうことにしました(^-^)二人の暖かいひいおばあちゃんたちからの名前を貰って、すくすくと育って欲しいです。(ゆっこさん)
写真梨奏音(りのん)ちゃん
おおらかに包容力をもちながら、音符を奏でるような、心地よい人でいてほしい。という願いを込めて、名前をつけました。(てるさん)
写真莉結(りゆ)ちゃん
漢字が気に入ったので莉結(りゆ)に決めたら、たまたま私の名前(友梨)の逆でした!(ゆりさん)
写真鈴(りょう)ちゃん
夫婦ともにマンガ好きなので、登場人物名から…。「鈴」と言う漢字が可愛いイメージで愛嬌のある子になって欲しくて☆(てもさん)
写真涼香(りょうか)ちゃん
いつも通り変わりなく定期健診を受けに行った時、レントゲン技師さんが、鼓動が弱くなっている時があったと先生に報告。先生は画像上、そのように見えることもあるので心配はないと思うとおっしゃいましたが、念の為、検査をすることになりました。その時に異常は見られませんでしたが、画像を再度確認した先生が、入院してひき続き様子を見ようと判断。検査から5時間、不整脈が発覚!このままお腹にいるのは危険ということでその日のうちに緊急の帝王切開となりました。あまりに急なことで状況を飲み込めないまま手術。「おぎゃー」という声を聞いた時、安堵と早くにお腹から出してしまってごめんね。という思いで涙が出ました。術後、痛みで動けず、2日後ようやく私の腕に抱かれた赤ちゃん。私の焦りや不安などさらっと取り除くような涼しい顔をしてスヤスヤと眠っていました。お盆の暑い日でしたが、風鈴の音のように、涼しげな香りを風に乗せて運んできてくれる、爽やかな女性になってほしいと願いを込めて、涼香と名づけました。(みんすけさん)
写真莉々愛(りりあ)ちゃん
可愛らしい響きとお姉ちゃんに「愛」の字が付いているので付けました(^.^)(ゆーさん)
写真凛(りん)ちゃん
凛とした素敵な女性になってくれるように。(きらきらひかるさん)
写真凛(りん)ちゃん
子供の父も母も10月生まれの一文字で、子供の予定日が10月だったので、家族全員10月生まれの一文字で揃えようということで一文字の名前を考えました。その中でも、将来、何事も自分で考えることができる自立した女性になってもらいたい、凛とした女性になってもらいたいという願いをこめてつけました。(こだいちゃんさん)
写真稟(りん)ちゃん
稟には「天から授かる」という意味があります。娘が我が家に生まれてきてくれた奇跡を象徴するという思いを込めてつけました。長男が「蓮丈」という和風な名前なので、その響きや漢字とも合うような名前をつけました。(リピママさん)
写真凜(りん)ちゃん
息子と嫁が考えて名づけました。生まれた時は私の初孫なので感動でいっぱい。二人に感謝。(たかーさんさん)
写真凛花(りんか)ちゃん
4人目にしてやっとの女の子、春らしく女の子らしい名前にしました。(あなりままさん)
写真凛華(りんか)ちゃん
凛々しく華やかな子になってほしい。という意味と、凛には身が引き締まるほどの寒さという意味があり、産まれるまでの数日大雪で本当に寒く、ぴったりだったので。(ひなさん)
写真綸花(りんか)ちゃん
やっと授かった待望の赤ちゃん。逆子が治らず、帝王切開で出産することになった時は、何かと心配も多かったですが、無事に生まれてきてくれて本当に嬉しかったです。名前はお腹の中にいる時からずーっと考えていましたが、夫と相談しながら決めました。2012年オリンピック開催の年に生まれたことにもあやかり、好きな響きの「リン」のつく名前にしました。幸せな人生になるように、苗字とのバランスで画数のよい漢字を当てました。みんなが「りんちゃん」「りんちゃん」と呼んでくれる今が、とても幸せです。(ふぁそらさん)
写真綸華(りんか)ちゃん
お姉ちゃんが一華(いちか)で、それに負けない名前を考えました☆二人合わせたら一綸の華(いちりんのはな)になります~☆周りからも可愛い名前と言われています☆名前に負けないように二人とも優しい子に育って欲しいです。(たえさん)
写真輝果(るか)ちゃん
いつも輝いていてほしい という思いと、果物のようにみずみずしくいてほしい(けいこさん)
写真瑠花(るか)ちゃん
男の子でも女の子でも通じる名前がよくて夫婦でV系が好きなのでV系バンドから候補を出していました(笑) 漢字は意味もしっかり考えようってなり瑠璃色のように綺麗で花のように可愛らしくという意味でつけました(りほにょさん)
写真瑠香(るか)ちゃん
家の事情により離れ離れになった私の大切な弟…子宮外妊娠からの危険な出産を乗り越えて生まれた弟。母が特別な想いで考えた弟の名前から一文字取って、“瑠”という漢字を使いたくて、主人がいろいろ調べて考えてくれた名前です。孫の誕生によって、母の胸に開いた心の穴を埋めてあげたいと思い、どうしても使いたい漢字でした。主人も私も母もとても気に入っている名前です。母は孫が可愛くてしょうがないみたいで、毎日のように瑠香ちゃ~んと言いながら家に顔を見に来ます☆(MAYAさん)
写真瑠日(るか)ちゃん
瑠璃という字は宝物という意味があり、我が家の末っ子ちゃん、本当に家族中の宝物なので。又、お日様のようにこの子の毎日が明るく晴れた日々が続きますようにという願いを込めました。そしてそして。一番上の子がラ○、真ん中の子がリ(璃)○、それでルカ。ラ行繋がりです!(tomさん)
写真瑠糸愛(るしあ)ちゃん
旦那のお父さん命名ですが、旦那の一文字と私の一文字が入っていて、こどもが私たち家族を糸でつなぐと言う隠れた意味もあります!(るぴたんままさん)
写真瑠奈(るな)ちゃん
名前は夫が決めてくれました。瑠は瑠璃湖のように綺麗で地球の色。奈はおもむきがあり優しい。という事で心が綺麗な優しい子になるようにとつけました。初めて子供にプレゼントするのが名前なので父親の自覚がでて欲しいと思い出産前から色々辞典など調べて一生懸命決めてくれ私も気にいってる名前です。(ひめさん)
写真琉珠(るみ)ちゃん
沖縄であげた、親戚だけの小さな☆だけど、笑顔がいっぱいの温かい結婚式♪ママとパパは幸せで♪パパは青い海に家族を守っていくことを誓いました。そして2人で、いつか赤ちゃんを授かりますように…。とお願いをしました。その半年後、ママは妊娠。あのときの願いがかなったので、沖縄の海に感謝の気持ちを込めて。琉球(沖縄)の‘琉’海から授かった宝物という意味で、真珠の‘珠’で‘琉珠’という名前にしました。琉珠ちゃんの笑顔を見るたびに、あの沖縄の青い海や誓を思い出し新しいこの3人の家族を守っていこう!と改めて思います。(つのぴん♪さん)
写真琉海菜(るみな)ちゃん
主人が知っている格闘家でルミナと言う名前の人がいるそうで、綺麗な名前やし男の子でも女の子でも使える!と生まれる前から言ってました。外国人のような綺麗な響きの名前をつけたかったのと、「海」が使いたかったのでルミナはそのまま使い、真ん中に海を入れて、菜の花の「菜」を入れ字画の良いのを選び「琉海菜」と名付けました。(ぴんくるびーさん)
写真瑠莉(るり)ちゃん
繋がりを大切にしたくて、姉ちゃんが莉緒なので、同じ文字の可愛らしいという意味の莉と瑠璃色のように綺麗な物を沢山見てほしいという願いを込めて瑠莉と名付けました。(ヘイヘイリオさん)
写真玲歩(れあ)ちゃん
玲…玉のように美しく、歩…あせらず自分のペースで人生を歩めるようにまた、れあはハワイ語で「幸福」という意味も。この幸福を忘れずに育てたいという決意をこめて。(モイママさん)
写真玲(れい)ちゃん
おじいちゃん、父親、長男全員が一字なので一字で考えた。(カンチャンさん)
写真莉杏(れいあ)ちゃん
3歳の兄が晟英(せいあ)なので、繋がりを持たせるためにれいあという名前にしました。兄も自分の名前に似ているので、すぐに覚えました。漢字は夫婦で付けたい漢字を選びました。とても気に入ってます。(タナともさん)
写真怜愛(れいな)ちゃん
夫と私と別々に名付け辞典を読んでいて、どの字を使いたい?とお互いに聞くと、なんと同じ”怜”の字が!!画数や苗字に合う漢字や、色々ある漢字の中で一緒だったのは何かあるとピンときてこの字を使うことに。”愛”は愛される女の子になってほしいからです。(のりぴぃさん)
写真怜那(れいな)ちゃん
最初はあゆなちゃんと名前をつける予定でした。ですが5か月ごろに口唇口蓋裂という先天性異常の病気が見つかりました。唇などが裂けている為外見でじろじろみられたり出産してから通院、手術など必要でした。ですが私たち夫婦に宿った命。変わらず愛することをちかい、私の親がなまえを、怜は旦那の母親が、那は旦那がつけてくれ、みんなから愛されているという証拠としてれいなという名前をつけました。(まゆmamaさん)
写真玲奈(れいな)ちゃん
知性をもちあわせた女の子になって欲しいと思い、名づけました。響きが素敵で、海外でも発音しやすい名前をずっと探していました。(appleさん)
写真礼奈(れいな)ちゃん
礼儀正しい、礼節をわきまえる、清らかな女の子になってほしいという願いから。響きは今風だけど、字は古風な感じで気に入りました。(まきりんぐさん)
写真麗奈(れいな)ちゃん
名前を考えていたところ、子供を「れいな!」と呼んでいる夢を見ました(笑)名前を呼んだところで目が覚め、「れいな」にしようと決めました。春のうららかな光のようにやさしい女の子に育ってほしいとの意味を込めて「麗奈」にしました。主人と私の出身地と居住地の県名が1文字ずつ入っていたり、フランス語に訳すと住んでいるマンション名が入っていたり・・・運命を感じました。(こぷーさん)
写真麗奈(れいな)ちゃん
パパと意見を出しあって決めた名前。結局パパの意見は無視され、ママが考えた麗奈という名前になりました(笑)。女の子だからもちろん綺麗な子!だけど優しくて思いやりのある子に育って欲しいと思いつけた名前です。(麗ちゃんママさん)
写真澪奈(れいな)ちゃん
パパは終わりに「な」のつく名前、ママは画数の良い名前を探していました。いくつか候補を考えましたが、どれもしっくりこず‥。とある赤ちゃん雑誌のサービスで、名字に合う名前一覧を送ってくれるというので早速注文。その中で、響きもパパ好みで、画数もパーフェクトな名前を発見!奇抜な名前や読めない名前でないのに、他の人があまり使わない風情のある漢字で気に入りました。名字が固いイメージなので、名前が水の流れるイメージだと、全体が柔らかな雰囲気になるのも良いと思いました。また、夫婦共に競艇観戦が好きなので、そういった意味でも水を連想させる名前は理想的です。さらに調べるとレイナはスペイン語で「女王」という意味らしく、強さを感じます。澪は「水路」という意味があり、澪標(みおつくし)は「舟の道しるべ」という意味なので、ここぞというときに人と人を繋ぐことの出来る存在になって欲しいと思います。名づけ親が言うのもなんですが、控えめな中に芯の強さを感じる、美しい名前だと思っています。(あちゃさん)
写真礼愛(れいら)ちゃん
パパが外国人でママが日本人のハーフの娘。両国の親族から親しんでもらえる名前で探しました。漢字は日本で生活をするので、礼儀を大切にしている日本で礼儀正しい子に育って欲しい、そして愛を両国に与えてくれる愛溢れる子になって欲しいと思い、礼愛と名付けました。(ブラウニーさん)
写真礼愛(れいら)ちゃん
両親が国際結婚のため、娘はハーフです。両国どちらの家族からも呼んでもらいやすいような発音にしたかったので、レイラにしました。礼儀を重んじる日本で【礼】儀正しく育ってほしい。そして国が違い離れ離れの家族の架け橋となり、一つにまとめてくれる【愛】溢れる子になってほしいと思い礼愛と名付けました。(モナエリザさん)
写真れな(れな)ちゃん
職場で憧れていた先輩の名前がカタカナで「レナ」。 その先輩のように美しくて気配りが出来る女性になるように。また、私自身が平仮名の名前なのと、姓名判断の結果から「れな」と名付けました。(みるくmamaさん)
写真令奈(れな)ちゃん
画数を見てもらい5画と8画がいいと言われ考えましたが、家族や親戚が使っている漢字を省いたらほとんどなくなってしまいました。「令」が命令のイメージが強く悩みましたが今では漢字も響きもとても大好きです。(soraママさん)
写真怜奈(れな)ちゃん
長い陣痛の上、へその緒が巻きついて大変だった出産。私は苦しくて苦しくてもがいていたら、助産婦さんに「赤ちゃんもすごい苦しんでるの、頑張って!」と言われ、頑張って耐えることができました。赤ちゃんが頑張ってくれたおかげで無事元気に産まれてきてくれ涙がとまりませんでした。名前は、正しく賢く生きるという意味のある「怜」にあなたを救う、優しいという意味のある「奈」で怜奈にしました。私の出産の苦しみから救ってくれた怜奈ちゃん。真面目で優しい女性になってほしいなとパパとママの気持ちのこもった名前です。(ゆみゆみママさん)
写真玲菜(れな)ちゃん
生まれる前から「ななちゃん」にしたいと言っており、妊娠中、性別がわかる前からななちゃんと呼んでいたら、女の子とわかりますますななちゃんと呼び掛けてました。しかし、切迫早産で30週で生まれそうになり、早急に名前(漢字)を決めようとなったら、どれも「な」の漢字は名字に画数が合わないことが判明!!! 急遽考え直しましたが、パパが出張など重なりお七夜の夜に決まりました!娘は胎児の時と若干呼ばれてる名前変わってしまったけど、胎児記憶が残っていたらそのうち「お名前違うよ」って言われちゃったりして(ヾ(´・ω・`)(たにちゃんさん)
写真礼菜(れな)ちゃん
たくさんの画数本を借りてきて、どの本でもいい画数のものを選びました。あとは、いいやすさ、雰囲気からこうつけました。(りえままさん)
写真玲美奈(れみな)ちゃん
三つ子が生まれました。「な」から始まる苗字なので「な」で終わる名前にしようと、なで終わる名前をたくさん候補にあげ、その中で選んだのが、この3つ。あやなだけ2文字になってしまったことをちょっぴり後悔。(りんごさん)
写真蓮夏(れんか)ちゃん
夫婦共に蓮の花が好きで産まれてきた子には男の子であれ女の子であれ、つけたかった一文字です。今回は女の子でしたので「蓮」の意味の夏に白・うすい紅色などの大きく美しい花が咲くと言うことから大好きな「蓮」と蓮が咲く季節でもありこの子が産まれてきた季節でもある「夏」で「蓮夏」と名付けました(*^^*)この子も蓮のように大きく健康に美しく育ってみんなから愛される子になってほしいです(*´艸`)(レオさん)
写真路実(ろみ)ちゃん
パパの名前が、「真実」の真で真太郎。「真実」を引き継いぎ、また、「真実一路」の四字熟語の意味「偽りのない真心をもって一筋に進むこと」のように生きてもらいたいとの思いを込め、「真実一路」の2文字をとって「路実」と名付けました。(ともさん)

 

2012年赤ちゃんの名前ランキング

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る