妊娠中の便秘・痔について【原因と予防】

3

監修者

医師 池谷 美樹 先生

産婦人科 | 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長


岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務、東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、博士号取得、国立成育医療研究センター周産期診療部勤務、日本赤十字社医療センター産婦人科勤務を経て、現在は横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長。

 

■主な経歴

平成6年 岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務

平成14年 東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、

平成20年 博士号取得

平成21年 国立成育医療研究センター周産期診療部勤務

平成24年 日本赤十字社医療センター産婦人科勤務

平成28年4月 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長

 

■所属学会

日本産科婦人科学会

日本周産期新生児学会

日本糖尿病

妊娠学会

日本産科婦人科栄養

代謝研究会など

 

■専門医

日本産科婦人科学会専門医

周産期専門医(母体・胎児)

 

■HP横浜市立みなと赤十字病院産婦人科

 

症状

便秘とは排便がスムーズに行われない状態のこと。また、排便があっても硬くてコロコロした便だったり、排便後にまだ出し切っていない不快感があったりする場合も便秘と言えます。1日1回、バナナ2本分くらいの排便があるのが理想的です。

 

 

原因

妊娠中はホルモンの影響で腸の動きが悪くなり、子宮が大きくなり腸を圧迫する影響で便秘になりやすくなります。便からの水分の吸収が増えて、便が硬く小さくなることから、便意をもよおしづらくなることも。また、便秘で硬くなった便を排泄したり、子宮が肛門付近の静脈を圧迫したりすることで痔になることもあります。

 

 

解消法

 

 

 

水分をこまめにとる

朝起きたらコップ1杯の水を飲みましょう。1日1ℓ以上を目安に水分を摂るといいでしょう。

 

 

食物繊維を摂取する

食物繊維は、ごぼう、きのこ、さつまいも、豆類や海藻類に多く含まれています。1日20〜25gの摂取を目安にしましょう。

 

 

 

乳酸菌を摂取する

整腸作用のあるヨーグルトは、腸内環境を整え、腸の働きを活発にします。良質のたんぱく質を含むので妊娠中におすすめの食材です。

 

(監修/池谷美樹先生)

 

 

2016/01/09


この記事にいいね!しよう

いいね!
3

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • 27週6日の妊婦です。 お腹が前にせり出してきてます。 子宮の皮がのびると同時にお腹が張っている感じがして、横になると落ちつくのですが心配はいらないですか? 便秘にならないように気をつけています。
    2018/04/1703:17
  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。