子宮口縫縮手術後に痛みを感じます

5
妊娠・出産のQ&A

子宮口縫縮手術後に痛みを感じます

妊娠19週で子宮口縫縮手術をしました。退院後は健診時に消毒をしてきましたが、週数が進むにつれて、消毒時に内診を受けると、激痛が走るようになりました。妊娠34週のときには、かなり痛み、フーフー呼吸しながら、やっとの思いで消毒を受けました。
担当の先生には、「縫縮手術したすぐの位置まで、胎児の頭が下がっている」と言われましたが、それが痛みの原因でしょうか? 普段から、子宮口付近(おそらく縫縮手術をした位置)に突然、ズキンと激痛が走ったり、グリグリと押されるような痛みや違和感があったりします。これも、手術の影響でしょうか? 抜糸するまでは、我慢するしかないのでしょうか? 毎日痛みに耐え、精神的につらくなってきました。

 

ご質問の内容を拝見すると、胎児の頭がかなり下降し、骨盤内の神経を圧迫しているために、痛みが生じているのではないかと思います。お腹の張りがあったり、長時間立ったりしていると、痛みが強くなると思いますので、気を付けてください。横になると楽になると思います。
抜糸をするとすぐに出産になってしまうので、通常は妊娠36週くらいで抜糸をします。しかし、痛みが強くてつらいようなら、抜糸時期を早めにするように検討されてもいいかもしれません。担当医に相談してみましょう。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。