静脈瘤の赤ちゃんへの影響は?

4
妊娠・出産のQ&A

静脈瘤の赤ちゃんへの影響は?

35歳になる妊娠32週の主婦です(2人目)。
足首、腿、ひざの後ろの静脈瘤がけっこうはっきりと浮き出ています、現在体調も良く仕事の方も10月いっぱい続ける予定です。
静脈瘤が(妊娠)4ヶ月頃から増え始め今では足の付け根の方まで浮き出ています。検診時に先生に質問したところ、「ヘルニア」と言われたのですが、赤ちゃんへの影響、出産時の影響と対策を教えて下さい。
それと出産後静脈瘤は薄くなると言われているのですが、私のまわりの年配の方が、若いときに静脈瘤が出て気をつけなかったから、ずーと残って色が黒くなっていますが、これは静脈瘤と関係があるのでしょうか?

 

静脈瘤とヘルニアは違います。静脈瘤は皮膚の静脈が筋となり盛り上がり、一部は小さいこぶのようになります。大きくなった子宮の圧迫で、下半身の血液循環が悪くなったためです。長時間立たない、下半身を冷やさない、足を高く上げて寝る、サポート効果のある弾力ストッキングをはくなどが対策です。しかし、年をとると再発することはあります。
ヘルニアは、組織のすき間から腸が出てくる、いわゆる脱腸です。妊婦さんにたまにあります。しかし、産後は自然に治ることがほとんどです。出てきた腸管が元におさまらない、または疼痛がある時は加療しますが、めったにありません。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。