つわりがないときに過食嘔吐してしまいます

妊娠・出産のQ&A

つわりがないときに過食嘔吐してしまいます

現在、妊娠9週です。妊娠の17年前くらいから、過食嘔吐をしています。不妊治療に通って人工受精など数回行いましたが、妊娠できずに諦めていましたところ、今回、自然妊娠することができました。
過食嘔吐の回数は減ってはいますが、つわりのムカムカ感がないときについ過食し、戻してしまいます。過食嘔吐がお腹の赤ちゃんにどのような影響があるのか、誰にも相談できず、毎日、自己嫌悪と不安に押しつぶされそうになっています。お腹の赤ちゃんは、大丈夫でしょうか?

 

フラストレーションが生じると、鬱屈した気持ちや不安から「気晴らし食い」をし、過食が習慣化してしまう。その後、ふと我に帰って嘔吐や下剤乱用などで、過食の浄化行動をとる。こうした食行動の異常を繰り返すことを「摂食障害」と言います。
摂食障害は、精神不安定、体重減少、脱水のほか、体内の電解質バランスを崩すことによって不整脈を生じさせたり、嘔吐中の胃液による食道炎など、体にさまざまな障害を引き起こします。ひどくなると、低栄養による肝機能障害も生じます。妊娠中は、嘔吐のたびに腹圧がかかることによって子宮が収縮し、切迫流早産を起こしやすくなります。また、母体が貧血や低栄養状態になれば、胎児も栄養不良、発育不全の低体重となって、分娩時に胎児仮死になることも多いです。
ご質問の方は、摂食障害が慢性化しているものと思われますので、今後の赤ちゃんの発育を順調にするためにも、精神療法が必要かと思います。1人で抱えず、今後の対策を立てるためにも、早めに担当医に相談してみてください。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。