フライング検査とは?早期妊娠検査薬はいつから陽性・陰性の反応が出る?

基礎体温イメージ

 

生理が遅れている事に気づき、妊娠?と考えた時に、妊娠検査薬を思い浮かぶ女性も多いでしょう。薬局では妊娠検査薬が手軽に購入できますので、手軽に検査できます。

 

しかし、妊娠検査薬は使用に適したタイミングがあるため、時期が早すぎてフライング検査をしてしまった場合には結果が陰性となることもあります。

今回は妊娠検査薬の仕組み、フライング検査とは何か、フライング検査のメリット・デメリットとについて解説します。

 

 

妊娠検査薬と早期妊娠検査薬の違い

通常、妊娠検査薬と早期妊娠検査薬の2種類があり、それぞれ検査が可能な時期があります。フライング検査すると正確な判定ができず、妊娠していても陰性が出る可能性があります。

受精卵が着床するとhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンの分泌量が増えていき、それが尿に出てくるようになります。妊娠検査薬はこのhCGが尿中に一定量含まれているかどうかで判定するものです。次は、一般的な妊娠検査薬と早期妊娠検査薬の仕組みについてご紹介します。

 

一般的な妊娠検査薬の仕組み

次の生理開始予定日の1週間後以降であれば検査が可能とされています。

それ以前に検査するとhCGが判定可能な量に達していない可能性があるため、正しい結果が出ません。
一般的に、妊娠検査薬は尿中hCG濃度が50mIU/mL以上で反応します。

 

早期妊娠検査薬の仕組み

早期妊娠検査薬は、hCGに対する感度が高いため、一般の妊娠検査薬より1週間早い時期の生理開始予定日から使用することができます。

早期妊娠検査薬は、尿中hCGの量が25mIU/mL以上であれば反応します。ただし、早期妊娠検査薬で陽性反応が出た場合でも、確実に妊娠しているとは限りませんし、妊娠初期は自然流産となるケースも珍しくありません。
 

 

 

フライング検査とは

フライング検査とは、妊娠検査薬の判定可能な使用時期より早めに検査することです。生理が遅れている事に不安になり、早く娠検査薬を使用したいという女性もいます。

 

hCGが分泌される速度や分泌量には個人差がありますので、早くからhCG濃度が高くなる人では陽性反応が出るようですが、これはあくまでまれなケースです。

正確な妊娠判定を行うためには、取扱説明書通りの判定可能な時期に検査するほうがよいでしょう。もしくは、産婦人科を受診して検査を受けるのがおすすめです。

 

 

 

妊娠検査薬の精度

妊娠検査薬は、正しい時期に使用すればその精度は99%といわれています。

極めて高い数字ですが、100%の確率で妊娠の判定結果が出るとは限りません。妊娠していても陰性となることもあれば、正常妊娠でなくても陽性になることもあります。hCGホルモンの分泌の速度や量は個人差がみられるため、妊娠検査薬だけでなく産婦人科での検査をおすすめします。

産婦人科ではhCGの検査だけでなく超音波検査も行いますので、正常妊娠かどうか確認できます。

 

 

 

 

フライング検査のメリット・デメリットについて

フライング検査のメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。フライング検査のメリット・デメリットとともに、注意する内容についてもみていきましょう。

 

メリット

フライング検査をすることで早期に妊娠していることがわかれば、それだけ早くから体調管理に努めることができます。

妊娠初期は胎児の脳や心臓など、大事な器官が形成される時期です。ですから、妊娠がわかったあとは飲酒や喫煙をやめる、食生活に気を配る、睡眠不足やストレスに注意する、感染予防としてマスクや手洗い・うがいをする、レントゲン検査を避けるなどの対策をとることができます。

 

赤ちゃんのために規則正しい生活を過ごすことはもちろん、体調が悪い時は横になって休む、仕事や家事などは無理しないなど自分で体調をコントロールして過ごすことができます。

また、妊婦さんのなかには早くからつわりが現れる人もいます。しかし、つわりだと気付かず、薬で治そうとしてしまうかもしれません。フライング検査で妊娠がわかることで体調不良がつわりだと気づき、安心することができます。
早くから妊娠に気づくことで、母体と胎児のためにできることはいろいろあります。しかし、神経質になりすぎないことも大切です。

 

デメリット

フライング検査のデメリットとしては、妊娠を早くに知りすぎることです。

受精卵は必ずしも順調に着床し、成長していくとは限りません。受精卵が子宮内膜に着床しても妊娠が継続できなかったというパターンがあるのです。これを化学流産といいます。

化学流産は自然流産の一種ですが、生理とよく似ているために、生理だと思って過ごす人も多いものです。妊娠初期の流産は、そのほとんどが遺伝子異常など胎児側の理由で起こります。しかし、フライング検査で陽性反応が出ていますから、妊娠していたのに流産してしまったとわかってしまうのです。

なお、化学流産という言葉は医療の現場では一般的に使われておらず、医学書にも載っていません。

 

ほかのデメリットとしては、フライング検査の陽性反応は薄いため蒸発線と見間違えることがあるということです。蒸発線は検査後に出る薄いグレー線のことですが、検査薬に付いた尿が蒸発して線を残す場合があります。

さらに、フライング検査で陰性だと再度検査することになり、検査費用がかかることになります。また、本当に妊娠したのか心配になり、不安を抱えて過ごすことになる可能性もあります。
 

 

 

まとめ

生理の遅れや体のだるさなどの体調不良を感じたら、それは妊娠の兆候かもしれません。妊娠検査薬を選ぶとき、一般妊娠検査薬と早期妊娠検査薬についての知識があると、自分に合う検査かどうかを理解したうえで使用できるのではないでしょうか。

 

早めに妊娠を知りたくてフライング検査をした場合には、メリットだけでなくデメリットもありますので、よく検討してから使用しましょう。妊娠検査薬で陽性が出た場合は、早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

 


監修者:Misato

大学にて看護学を専攻し、卒業後は大学医学部附属病院に就職。消化器・乳腺など複数の診療科にわたる病棟勤務、消化器系の民間病院にて病棟勤務経験あり。現在は3児の母として、妊娠・出産・育児の経験と、育児サークルの運営経験も活かし、医療系・育児情報専門のウェブライター・監修者として活動中。

 

 

 

 

◆フライング検査・妊娠検査薬に関するQ&A

Q.こげ茶色の出血に変わった後の流産予防のポイントは?

Q.月経が終わっても高温期が続いています

Q.堕胎後の妊娠反応が陰性に戻るのはいつ?

 

 

その他の体験談

 

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

 

2017/11/06


はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。