子宮内膜増殖症とは?症状や原因、治療方法について

8

子宮内膜増殖症イメージ

 

さまざまな理由によって起こる子宮の不正出血。その不正出血の原因の1つに子宮内膜増殖症という病気があります。そんな子宮内膜増殖症について詳しくみていきましょう。

 

 

子宮内膜増殖症とは

子宮内膜とは子宮の内側の部分で、受精卵が着床するときにベッドのような役割をしま
す。妊娠していないときは、月経のたびにはがれ落ちて新しい子宮内膜ができます。子宮内膜増殖症は、その子宮内膜がうまくはがれ落ちず、どんどん内膜が作られることで厚くなり、さまざまな症状を起こします。
内膜増殖症の診断は、内膜の一部を採取して、染色し顕微鏡で細胞の構造を観察して判断する、いわゆる病理組織検査という方法によります。したがって、不正出血という症状だけでは内膜増殖症であるかどうか、確実にいいあてることはできません。

子宮内膜増殖症にはいくつか種類があり、細胞一個一個の形態的な特徴や細胞の並び方によって分類されます。細胞の形から「異形のない」内膜増殖症と「異形」内膜増殖症に分類され、細胞の並びからの違いから「単純型」と「複雑型」に分類されます。上記の中で「異形」内膜増殖症は癌を発生してくる可能性が高くなるため、妊娠を希望している人には子宮内膜掻把とホルモン治療を行い。妊娠の希望のない人には子宮全摘術が勧められています。


症状は、不正出血とそれに伴う貧血、動悸などがあります。発症する年齢は40〜50代がピークですが、20〜30代の女性にも発症することがあります。子宮内膜増殖症と似ている名前の病気で子宮内膜症がありますが、まったく別の疾患です。

 

 

子宮内膜増殖症の原因

子宮内膜増殖症の原因は、ホルモンバランスの異常です。通常、生理周期の中で女性ホルモンのうちエストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌されると子宮内膜が厚くなります。そして排卵後、プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌され、妊娠しないと月経が起こって子宮内膜がはがれ、再びエストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌されるというサイクルが続きます。ところが、何らかの原因でプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されなくなり、エストロゲン(卵胞ホルモン)が作用し続けると、子宮内膜が過剰に厚くなってしまいます。


肥満があること、月経周期の異常で排卵が起こらない状態が続くことによりエストロゲンが長期に作用し月経周期の乱れや内膜が過剰に厚くなることが知られています。稀にはエストロゲンを作り出す腫瘍があったり、病気の治療の目的でエストロゲンのみを含む薬剤を長期的に投与した場合にも内膜の異常増殖が起こり得ます。

 

 

子宮内膜増殖症の種類

前述のように子宮内膜増殖症は、子宮内膜の細胞の形態によって「子宮内膜増殖症」「子宮内膜異形増殖症」に分類されます。

また、子宮内膜を形成している細胞の並び方により単純型と複雑型に分けられます。

これらの組み合わせによって、計4種類に分類されます。

子宮内膜の細胞の形が崩れていなくて単純型の場合、がんになるリスクは1%、複雑型の場合は3%です。多くの場合が自然治癒します。

子宮内膜の細胞が崩れた形をしていて単純型の場合、がんになるリスクは8%、複雑型の場合は29%です。

 

 

子宮内膜増殖症の診断方法は?

検査で次のことを確認しながら診断していきます。超音波検査やMRIなどの画像診断で子宮内膜の部分を観察します。次に子宮内膜を器具で採取する、「子宮内膜組織診」を行います。これによって内膜増殖症の分類が可能になります。 

 

 

子宮内膜増殖症の治療方法

異型細胞の有無や年齢、妊娠・出産を希望しているかなどによって治療法を決定していきます。

 

細胞に異型がない場合

細胞に異型がなければ、細胞の構造が単純型・複雑型どちらであっても80%の方が自然に治ります。

ただし不正出血や月経時の経血量が多く、治療が必要な場合は、ホルモン療法や、増殖した内膜を取り除く内膜全面掻爬を行うこともあります。

多嚢胞卵巣症候群や無排卵周期症の場合は、その治療を行います。

 

細胞に異型がある場合

閉経していたり、妊娠・出産の希望がなかったりする場合は、子宮体がんになる可能性を考え子宮全摘出手術が勧められています。妊娠・出産を希望している場合は、子宮を全摘出せず、ホルモン療法や、内膜全面掻爬(子宮内膜表面の軟組織をかきとること)を行うこともあります。

 

 

まとめ

子宮内膜増殖症には、自然に治るものもありますが、異型増殖症のように子宮体がんにつながる場合もあります。不正出血など不調を感じたら、早めに婦人科を受診しましょう。

 

参考:

産婦人科診療ガイドライン2017 <http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/gl_fujinka_2017.pdf>
子宮体がん治療ガイドライン2013年版 <https://jsgo.or.jp/guideline/taigan/06.pdf>
・六訂版家庭医学大全科p645

 

 

監修者

医師 川島 正久 先生

産婦人科 | あんずクリニック産婦人科院長


静岡県磐田市生まれ。平成5年神戸大学医学部卒業、神戸市立中央市民病院/淀川キリスト教病院、磐田市立病院に勤務の後2011年にあんずクリニック産婦人科を開業「お産を通して人々に喜びを与える」をモットーに地域の人々のお役に立てるよう励んでいます。

 


経歴

■主な経歴

静岡県立磐田南高等学校卒業
筑波大学 生物学類中退
神戸大学医学部卒
1993年~1995年    神戸市立中央市民病院
1995年~1996年    六甲アイランド病院
1997年~2002年    若宮病院
2002年~2003年    日本医療救援機構(アフガニスタン)
2003年~2004年    浜松医大 産婦人科
2004年~2005年    蒲原病院
2005年~2008年    藤枝市立病院
2008年~2011年    磐田市立総合病院


2018/10/24


この記事にいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。