妊娠前の食生活改善

5

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

■主な経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業

 

■所属学会

日本産婦人科学会
日本女性医学学会
日本生殖医学会
日本産婦人科乳腺医学会

 

■メディア履歴

【雑誌】

妊婦さんの出産準備を応援する雑誌「Pre-mo(プレモ)」(主婦の友社発行)

「マタニティ」(学研プラス発行)

「妊すぐ」(リクルート発行) ほか多数

 

【テレビ・ラジオ】

NHK『ニュース シブ5時』でPMDD(月経前不快気分障害)セルフチェック!の取材

患者さんから先生へ感謝の手紙を紹介する番組『Letters~感謝の手紙~』(テレビ東京)

TBS『アッコにおまかせ!』で産後うつについてコメント 他

 

【その他メディア】

妊娠・出産・育児の情報サイト『ベビーカレンダー』監修者
生活総合情報サイトAll Aboutで産後ブルーについての記事執筆
妊娠・出産・育児に関する情報サイトgooベビーで診察室から 最近の診療現場で感じることの記事執筆
 

■HP:三鷹レディースクリニック

そろそろ赤ちゃんが欲しいと思って妊娠へのトライを決意したら、妊娠後の体に必要な食事もすぐにスタートしましょう。赤ちゃんの脳や脊髄、内臓の基礎が出来上がる妊娠の超初期の頃(つわり開始前)に母体の栄養状態が整っていないと、胎児の発達や奇形にも影響しやすくなります。


栄養状態を改善するにはある程度時間も掛かりますし、妊娠してつわりが始まってしまうと十分な栄養が取れなくなります。目安としては、妊娠の約1ヶ月前から食生活改善を始めるようにしましょう。

基本は炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく取り入れた食生活を続けること。妊娠を意識したら、それらにプラスして「葉酸」「鉄分」「カルシウム」の3つの栄養素を多く摂ることを心掛けていきましょう。

 

 

 

朝・昼・晩3食の改善ポイント

栄養は毎日の食事から摂るのが基本です。でも、ついつい「朝食は抜き」「昼食は外食のみ」「夕食の時間はバラバラ」というような食生活になっていませんか?朝食を食べる時間がない、食べられない人は、就寝のタイミングを30分前倒しにし、その分30分早く起床して自炊する時間を作りましょう。働いている人は昼食を外食やコンビニ弁当に頼ることが多くなりますが、できればお弁当を持参するか、栄養バランスのよい惣菜を利用するなどの工夫をしましょう。残業や夫の帰宅時間に合わせて夕食の時間がバラバラになることもあると思いますが、肥満を避けるためにも就寝の3時間前までには食べ終わるように心掛けましょう。

 

 

濃い味付け、嗜好品は徐々に控える

妊娠中の食生活で最も制限されるものの一つが「塩分」です。塩分を摂り過ぎると「妊娠高血圧症候群」という病気になり、赤ちゃんに十分な血液が流れずに早産や未熟児、胎児仮死などの影響が現れることもあります。また、お菓子や高カロリーなおつまみなどの「嗜好品」の摂り過ぎもこの病気のリスクを高めます。食事の嗜好を急に変えるのはストレスになるので、妊娠前から少しずつ薄味に慣れ、嗜好品も少なくするよう心掛けていきましょう。

 

 

アレルギー除去食は妊娠後に主治医と相談

特定の食品にアレルギーがあると分かっている場合、妊娠期にはそれらの食品を避け、他の食材で栄養を補充するように心掛けます。ただし、体質的、遺伝的に完璧に防ぐのは難しいかもしれません。また、除去食は主に妊娠後期から授乳期、離乳食時にかけて取り組みますので、妊娠前から始める必要はありません。いずれにしても妊娠が分かったら医師に指示を仰ぐことが大切です。

 

 

妊娠を意識したらダイエットは中断

普段からダイエットをしている人は、妊娠を考えたら中断しましょう。極端な食事制限をしていると、女性ホルモンのバランスが乱れから排卵障害などが起こり、不妊の原因になりやすくなります。また、妊娠するとおなかや腰回りに脂肪がつきやすくなり体型は崩れやすくなりますが、それを怖れて過度に食事を制限したりハードな運動を継続していると、栄養不足から胎児の発育が遅くなったり、母体が疲れすぎて流産のリスクを高めることもあります。

 

(監修/天神尚子先生

 

◆妊娠力診断

妊娠したい人に必要な10の栄養素を診断します。診断は3分で完了!手軽にセルフチェックできます。無料診断!

 
診断してみる

 

 

2015/06/01


この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。