妊娠前から必要な栄養素

6

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

■主な経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業

 

■所属学会

日本産婦人科学会
日本女性医学学会
日本生殖医学会
日本産婦人科乳腺医学会

 

■メディア履歴

【雑誌】

妊婦さんの出産準備を応援する雑誌「Pre-mo(プレモ)」(主婦の友社発行)

「マタニティ」(学研プラス発行)

「妊すぐ」(リクルート発行) ほか多数

 

【テレビ・ラジオ】

NHK『ニュース シブ5時』でPMDD(月経前不快気分障害)セルフチェック!の取材

患者さんから先生へ感謝の手紙を紹介する番組『Letters~感謝の手紙~』(テレビ東京)

TBS『アッコにおまかせ!』で産後うつについてコメント 他

 

【その他メディア】

妊娠・出産・育児の情報サイト『ベビーカレンダー』監修者
生活総合情報サイトAll Aboutで産後ブルーについての記事執筆
妊娠・出産・育児に関する情報サイトgooベビーで診察室から 最近の診療現場で感じることの記事執筆
 

■HP:三鷹レディースクリニック

 

葉酸

ビタミンB群の一つで、ほうれん草やブロッコリー、小松菜などの緑黄色野菜、豆類、牛レバーなどに多く含まれています。不足すると胎児の「神経管閉鎖障害」を起こすと言われ、脊椎や脳の発達に影響する可能性があります。妊娠中の体には、成人男女の1日の必要量の2倍の0.4mgを摂取する必要がありますが、これを食事だけでまかなうのは難しいため、妊娠前からサプリメントで補うようにしてもいいでしょう。

 

 

鉄分

妊娠すると、胎盤と胎児の成長のために母体からたくさんの鉄分が奪われます。そのため妊婦の約6割が「鉄欠乏性貧血」となり、疲労感、動悸、息切れなどが起こりやすくなります。これを防ぐためには、貝類、ほうれん草、ひじきなど鉄分の多い食事をとるようにしましょう。また、鉄分の吸収にはタンパク質やビタミンCと組み合わせると効率的です。

 

 

カルシウム

赤ちゃんの骨や歯、血液をつくるのに欠かせないカルシウムは、妊娠前の1.5倍の900mgは摂る必要があるとされています。しかし、妊娠に限らず日本人は全体的にカルシウムが不足気味であるため、普段より意識して牛乳、小魚、ひじき、豆腐、小松菜、ブロッコリーなどの食材を摂るようにしましょう。ビタミンD(魚介類、卵、きのこなど)と一緒にとると吸収率がアップします。

 

(監修/天神尚子先生

 

◆妊娠力診断

妊娠したい人に必要な10の栄養素を診断します。診断は3分で完了!手軽にセルフチェックできます。無料診断!

 
診断してみる

 

 

2015/06/01


この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。