チャイルドシートの種類と選び方

 

チャイルドシートの使用は、6歳未満の幼児に義務付けられています。違反をした場合、運転免許の取り消しや免許停止処分の基準となる点数が1点付加されることとなります。それ以上に、チャイルドシートは赤ちゃんの命を守るために必要なものですので、必ず着用をしましょう。

 

チャイルドシートを正しくつけないとどうなる?

 

 

 

出典:警察庁 チャイルドシート使用有無別交通事故関連統計

 

チャイルドシートをしていなかった場合の死亡重傷率は3倍。チャイルドシートを正しく使用していなかった場合の死亡重傷率は5.4倍と、チャイルドシートは正しく使用することで、赤ちゃんを事故や怪我から守られることができます。生まれてすぐから必要ですので、自家用車をお持ちの方は妊娠中に購入しておきましょう。

 

 

チャイルドシートの種類

 

新生児〜1歳ごろまで使えるタイプ

生まれてすぐから1歳ごろまで使用できるタイプです。進行方向に対して後ろ向きに固定するものか、横向きに固定するものが多いです。新生児に適したクッション性や安定感がありますが、基準の体重になったら買い替えが必要です。

 

新生児〜4歳ごろまで使えるタイプ

新生児から4歳ごろ(体重約18kgまで)使用できるタイプです。現在もっとも主流がこのタイプになります。1歳未満までは後ろ向きに固定し、それ以降は進行方向へ向くように変えます。やや構造が複雑ではありますが、経済的な点がメリットとしてあげられています。

 

新生児〜7歳ごろまで使えるタイプ

新生児からチャイルドシートの義務化が終わる7歳ごろまで使用できるタイプです。1歳ごろまでは後ろ向きに、1歳以降は進行方向へ向くように変形し、7歳ごろまで使用ができる構造になっています。長期間しようするため、経年の汚れが目立ったり、部品が損傷するなどのデメリットもありますが、頻繁に使用しない場合などには経済的です。

 

1歳ごろ〜7歳ごろまで使用できるタイプ

新生児から1歳までのタイプのあとに使用するのがこのタイプです。進行方向に向かって固定します。ジュニアシートに乗るには体がまだ小さいなどというときに選びます。座面だけになり11歳ごろまで使用できるものもあります。

 

3歳ごろ〜12歳ごろまで使用できるタイプ

ジュニアシートと呼ばれるタイプです。チャイルドシートと違い車のシートベルトを直接こどもに使用します。座面を高くすることで骨盤に腰ベルトがかかるようにし、肩ベルトが首にかからないように調整します。

 

主なタイプをご紹介しました。使用できる体重の規定はメーカーによってことなりますので、購入前に確認しておきましょう。

 

 

 

チャイルドシートの固定方法

 

シートベルト固定

3点式のシートベルトを使用して、チャイルドシートの本体に通し固定します。正しく固定できているかの確認をしましょう。

 

ISOFIX

2012年7月以降に発売された車には、座面シート部分にISOFIX用の固定具が付いています。チャイルドシートのコネクターを差し込むことで固定します。誰にでも簡単に正しく固定ができます。

 

 

安全なチャイルドシートの見分け方

 

チャイルドシートの安全基準に適合しているものには、製品にEマークが添付されています。このマークを確認して購入するようにしましょう。

 

 

また、国土交通省と自動車事故対策機構では、市販のチャイルドシートについて前面衝突試験と使用性評価試験を行い、その結果を安全性能の評価として公表しています。安全なチャイルドシート選びの参考にしてみてください。

 

最新のチャイルドシートアセスメントの結果は下記サイトをご参照下さい

http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/02assessment/index.html

 


出典:国土交通省HP(http://www.mlit.go.jp/jidosha/child/)

2016/02/24


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。