カンジダ腟炎は不育症になりやすい?

8
妊娠・出産のQ&A

カンジダ腟炎は不育症になりやすい?

昨年と今年、子宮内胎児死亡で2回流産しました。1回目は、胎児の心拍を確認してすぐ(約妊娠7週)、2回目は胎児の頭や胴体が形成され始めたころ(約妊娠10週)のできごとでした。
医師からは「染色体がうまく混ざらなかった」との説明を受け、納得しました。しかし、不育症の疑いもあるので、血液検査をしてみようと思っています。不育症はほとんどの場合、女性側に原因があると聞いたことがありますが本当でしょうか?
また2度目の流産のとき、妊娠時からカンジダ腟炎になり、腟に薬を2回ほど入れました。赤ちゃんが育たなかったのは、その薬のせいでしょうか? それともカンジダが原因で育たなかったのでしょうか?
2回目の流産の手術後、出血量は少ないのですが、かゆみと黄色いおりものみたいな液の分泌が続いています。これもカンジダ腟炎の影響でしょうか?

 

この質問にある症状を拝見したところ、カンジダ腟炎を発症している疑いはあります。産婦人科を受診して、相談された方がいいでしょう。
カンジダは腟の常在菌の一つですが、妊娠期のように女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が多いときに増殖しやすくなります。ただし、分娩時に母子感染して新生児にカンジダ症を起こさせることはありますが、流産の原因とはなりません。
ところで、初回妊娠の流産率は約10%ですが、そのほとんどは胎児側の要因です。連続3回以上の流産を繰り返した場合「習慣性流産」と定義され、また流産や子宮内胎児死亡を繰り返し、生児を得られないことは「不育症」と呼ばれます。
習慣性流産の原因には、染色体異常、子宮奇形、内分泌異常、感染症などがありますが、原因不明の場合が最も多いです。原因不明の場合、免疫異常により流産してしまうことがあります。この免疫異常は自己免疫疾患だけでなく、夫婦間の免疫が関係している可能性もあります。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。