水ぼうそうの予防接種は2回受けるべき?

水ぼうそうの予防接種は2回受けるべき?

昨年、水ぼうそうの予防接種を受けました。先日、子育て雑誌を読んでいたら、「水ぼうそうの予防接種は2回受けるとよい」と書かれていました。
いずれは、子どもを託児所や保育園に預ける予定もあり、水ぼうそうの予防接種を2回受けるべきかと迷っています。

専門家の回答

水ぼうそうやおたふくかぜ、麻疹、風疹の予防接種は、生ワクチンが使われています。かつては、生ワクチンは1回接種すれば、一生免疫があると言われていました。しかし現在では、1回のみの接種では抗体価が年齢とともに下がり、その病気の感染防止には必ずしも有効ではないことが分かってきました。そのため、麻疹、風疹は「MRワクチン」として、2回接種するようになっています。
日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュールでは、水ぼうそうもおたふくかぜも予防効果を確実にするために、2回の接種を必要としています。
関連サイトはこちら https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/vaccine_schedule.pdf

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る