見張りイボってなに?

見張りイボってなに?

 1歳1ヶ月の娘の肛門付近に袋状のものができ、小児科を受診したら、「見張りイボだからあまり気にすることはない」と言われました。子どもに多いものらしいのですが、初めて聞いた病名なので、少し不安になっています。
 本人も痛みを感じていないようなので、しばらくはこのままの状態で様子を見ていてよいのでしょうか? イボのできた場所が場所だけに気になっています。また、どういった原因でできるのか、教えていただますか?

専門家の回答

 排便で何度も肛門が切れるうちに周りが慢性的な炎症を起こし、皮膚が盛り上がってしまったものを「見張りイボ」と呼びます。多分、お子さんは排便の際に出血していたり、便秘気味だったりしていたのではないかと思いますが、いかがでしょうか?
 便秘気味であれば食事内容を改善する、排便を痛がるようであれば便を柔らかくする薬を飲ませたり、肛門をお湯で洗って軟膏を塗るなどの工夫をすると、1ヶ月ほどでこの見張りイボは消えていきます。ちなみに、この見張りイボは痔核(イボ痔)ではありませんのでご安心ください。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る