舌小帯短縮症の手術は必要?

舌小帯短縮症の手術は必要?

 1歳になる子が、舌が短く、先がハート型につっぱっています。手術したほうがよいか迷っています。
 全身麻酔をしなければならないそうなので、様子をみていきたいのです。ご飯もたくさん食べるわけではないのに、いつもおなかがパンパンにふくれているので、舌が短いのが原因なのかと心配です。便は毎日出ています。

専門家の回答

 「舌小帯」とは舌の裏側についているひだで、口の底につながっています。このひだが短いと、「舌小帯短縮症」といわれます。以前は、「哺乳障害」や「不明瞭な発音」と関係があるといわれてきましたが、現在は「舌小帯のために、哺乳障害があるのはまれである」と言われています。また、言葉の発達や発音については、幼稚園くらいまで待たないとわからないことが多いため、「手術の時期は4~5歳くらいまで待つべきである」という考え方が大勢を占めています。
 舌小帯は、年齢とともに伸びてきます。したがって、以前よりも上下・左右・前後の舌の動きがよくなってきているのであれば、手術は必要ないと考えます。
 また、おなかがパンパンにふくれているのと、舌小帯とは関係ありません。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る