乾燥がひどく子ども用クリームでは効き目がありません

乾燥がひどく子ども用クリームでは効き目がありません

1歳10ヶ月になる娘の肌が乾燥して、冬場は特にカサカサになっています。かゆがったり、痛がったり、赤くなったりはありませんが、ほっぺたや口の周り、お腹、背中もかさついています。手は、少ししもやけのようになっています。
子ども用の保湿クリームやローションなどを塗ってみたのですが、娘には合わないのか、変化はありませんでした。どれがよいのかも分からなかったので、子ども用の低刺激性のものを選び、少量使っていました。
小児科もしくは皮膚科へ行って、相談した方がいいのでしょうか? お風呂でもゴシゴシこすらず、やわらかいガーゼなどを使っているので、皮膚は刺激していないと思うのですが……。乾燥肌へのよい対策がありましたら、教えてください。

専門家の回答

幼い子どもの肌の保湿機能は、大人より劣っているため、乾燥している環境ではカサカサになってしまいます。
まず体の洗い方ですが、石鹸をホイップクリームのように泡立てて、それを素手で体に乗せるようにして柔らかく洗ってください。次に、保湿剤はたっぷり使ってください。乾燥のひどい時期には、入浴後だけでなく朝や午睡後の着替えのときなど、日中1日1回は体を拭いてから保湿剤を塗るようにします。顔などの露出している部分には、食べこぼしなどで顔を拭いたら保湿剤、拭いたら保湿剤と1日数回塗った方がいいでしょう。
保湿剤は刺激が少なく、乳幼児が使えるものであれば、何でもいいでしょう。このようなスキンケアをしても、乾燥が改善しないようであれば、皮膚科を受診して相談しましょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る