思い通りにならないと頭をぶつけます

思い通りにならないと頭をぶつけます

1歳6ヶ月の娘は、最近自我が強く、思い通りにならないことがあると床や冷蔵庫に頭をゴツンゴツンと4~5回ぶつけます。理由は、お菓子をくれない、抱っこしてくれない、まだ遊びたいなどです。おでこが赤くなるくらいぶつけます。
ぶつけた後には、おでこが痛くなって泣いてしまいます。お菓子もある程度多めにあげていますし、抱っこもしてあげています。これは、単なる癖と言っていいのでしょうか? それとも、精神科で一度診ていただいた方がいいのでしょうか?

専門家の回答

頭を床や壁にゴンゴンとぶつける子は、ときどき見かけます。すごく気に入らなかったときにとられる行動です。まだ言葉でうまく気持ちを表せないので、体をぶつけることによって表現しているのです。言葉で表現できるようになると、こうした行動は見られなくなります。
無理な要求を出したときには、毅然とした態度で「できない」「ダメです」と言いましょう。頭をぶつけたり、泣いたりしても、取り合わない方がいいでしょう。そのうちに、我慢することも覚えてきます。
ただし、親が要求を叶えられることなら、「ダメ」と言わずに応じましょう。一番やってはいけないのは、「ダメ」と言っていながら、泣いたから、頭をぶつけたからという理由でやってあげてしまうことです。子どもは混乱し、自分に都合の良い行動を取るようになってしまいます。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る