股関節脱臼の治療を終えてもずりばいなどをしません

股関節脱臼の治療を終えてもずりばいなどをしません

生後10カ月になる娘は、生後4カ月で「股関節脱臼」と診断され、リーメンビューゲルによる治療を4カ月間おこないました。やっと装具が外れて胸をなでおろしていたのですが、治療後2カ月経ってもずりばいなどをする様子がありません。左右に寝返りを打てるようになったり、おすわりができるようになったりしたので、成長がゆっくりなのかなと思うようにしています。しかし、同じ月齢の子が伝い歩きをしている姿を見ると、どうしても比べてしまい、不安と心配でいっぱいです。
また、足の裏を踏ん張って地面につけようとしません。抱っこされているときや寝ているときに蹴る力は結構あります。しかし、地面に脚をつけようとすると、膝をすぐに曲げてしまい、突っ張らないのです。
成長に合わせて病院を変えたり、リハビリができる施設を探したりした方がよいのでしょうか? また、家庭でできることがあれば教えていただきたいです。

専門家の回答

リーメンビューゲルという装具を長期間、両下肢に付けていると、足の動きが制限され、通常の月齢より運動発達が遅くなるのが一般的です。しかし運動発達は、日常生活での刺激や体験を通じて伸びてくるため、あせらないでください。
4カ月間装具を付けていた場合、実際の月齢からマイナス4カ月くらいの運動発達として考えておかれるとよいでしょう。現在10カ月でしたら、運動発達はおおよそ生後6カ月ほどですから、寝返りができて、支えてあげると座れる、といった段階でよいのです。ハイハイやつかまり立ち、伝い歩きは、通常9~10カ月でできるようになりますが、これらができるまでには、あと3~4カ月ほどはかかりそうですね。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る