アラキドン酸の摂取について

アラキドン酸の摂取について

生後4カ月の男児です。母乳がほとんど出ず、ほぼ育児用ミルクです。最近別のメーカーの粉ミルクに変えようといろいろ調べたところ、今まで使っていたものにはアラキドン酸が含まれていないと気がつきました。アラキドン酸は乳児の体内では合成できないので補充するのが望ましく、実際アラキドン酸摂取の有無で精神発達に差が出るとデータがあるようです。今まであまり調べていなかったことを悔いながら、ショックで落ち込んでいます。
実際、専門家の間ではどのような見解なのでしょうか?

専門家の回答

現在の育児用ミルクにはアラキドン酸とDHAが入っているのが一般的です。母乳はアラキドン酸が含まれています。免疫、発育、脳の発達、視覚と関連するようです。アラキドン酸とDHAの配合のバランスについては今後検討が必要だそうです。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者松井潔(まつい きよし)先生

愛媛大学医学部卒業
神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント
国立精神・神経センター小児神経科レジデント
神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て
現在,同総合診療科部長
小児科専門医,小児神経専門医,新生児専門医
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る