おでこをぶつけた痕が凹んでいます

おでこをぶつけた痕が凹んでいます

生後7カ月になる息子は、先日イスから転げ落ちておでこを打ちました。敷居の角におでこがぶつかり、ちょうど真ん中に縦に線を引いたように青くなりました。
腫れもせず、たんこぶもできなかったので、しばらく濡らしたタオルで冷やして様子を見ました。その後、吐いたり泣き続けることもなく、いつもの様子に戻ったので、病院には行っていません。
2週間ほど経ちますが、ぶつかった部分に凹んだ痕が残っています。笑ったり上目づかいになるたびに、ぶつかった痕がしわが寄ったように目立ちます。腫れずに凹んでいるのは、どうしてなのでしょうか?
目に付きやすいところなので、できれば痕は治してあげたいのですが、このままへこんだ痕は残ってしまうのでしょうか?

専門家の回答

腫れなかったのは内出血があまりなかったのと、早めに冷やしたからだと思われます。痕が凹んでいるのは、ぶつかった部分が角だったため、額の一部分に強い力がかかり、皮膚の下にある脂肪などの軟部組織がダメージを受けたからでしょう。時間の経過とともに、改善していくと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る

同月齢の赤ちゃん
ってどんな感じ?

みんなの成長アル
バムで早速見る▶