おでこの一部に膨らみがあります

おでこの一部に膨らみがあります

生後7カ月半の息子は生後5~6カ月ごろから、大泉門の下から眉間にかけて、たてに膨らみができています。目立つわけではありませんが、触ると太い血管が浮き出ているようにプックリしています。
先日予防接種の際に、小児科の先生に診ていただき、「赤ちゃんの頭蓋骨は、小さな骨が合わさってできている。今は発達途上なので、一時的におでこの一部が突出しているのではないか。様子を見ましょう」と言われました。
成長していくにつれて、脳に影響が出たりしないでしょうか? このように、頭蓋骨の発達途上でおでこの一部が膨らむのは、珍しくないことなのでしょうか? どのような状態になったら、形成外科を受診すべきなのでしょうか?

専門家の回答

ご質問の内容から推察しますと、左右の前頭骨が合わさる部分(縫合線)が、少し盛り上がっている状態ではないかと考えられます。一般的には、成長とともに目立たなくなってきますし、この状態だけなら、脳への影響はありません。
小児科の先生のお答えのように、頭蓋骨はたくさんの骨が合わさってできています。赤ちゃんのうちは、まだ骨同士がくっついていないところがあり、触れると柔らかくなっています。それが「大泉門」や「小泉門」と呼ばれる部分です。
大泉門は次第に小さくなり、生後10カ月ごろから1歳半ごろまでの間に閉じてきます。つまり骨同士がくっつくわけです。
頭の骨が早く閉じてしまった場合、脳の発育が抑制されることがあります。頭囲の伸びが悪くなると「小頭症」という状態になって発達が遅れたり、けいれんなどの神経症状を起こしたりすることがあります。
また、形成外科受診の対象になるのは、早期に縫合線が閉鎖して頭部に強い変形をきたす「頭蓋骨癒合症」などの場合です。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る