新生児のころから夜中に起きる回数が変わりません

新生児のころから夜中に起きる回数が変わりません

生後7カ月の子は毎日20時~21時半までに寝て、朝は7~9時までに起きています。昼寝は、昼・夕合わせて1時間くらいしています。しかし夜間は4~5回起き、そのうち3回は授乳しています。
起きるたびにぐずるので毎回寝かしつけていますが、しんどい時には母乳をあげています。新生児のころから夜間に起きる回数が減っていないので、とてもしんどいです。いずれ減っていくのでしょうか?

専門家の回答

夜間起きてぐずる時には、すぐに眠れる方法を取るようにしてください。母乳を飲むと落ち着いて眠れるなら、そうしてあげてください。生まれてから7カ月の今日まで、夜間に起きて授乳する対応が続いている場合、残念ですが、この状態は少なくとも1歳くらいまでは続くと思ってください。夜間の授乳が減る赤ちゃんには、おおよそ生後1カ月を過ぎるとそのような傾向が出てきます。
今はお母さんにとってつらい時期でしょうが、物事には終わりが必ずあります。まずは、1歳まで待ってみてください。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る