抗精子抗体と不妊について

抗精子抗体と不妊について

1人目の子どもが、もうすぐ3歳になります。2人目を考えてから1年以上が過ぎたため、病院で不妊検査を受けました。その結果、抗精子抗体の数値が80と言われましたが、「それほど悪い数値でもないので、あまり心配しないように」とのことでした。
先生は、「受精はしても、子宮内で卵が育たない」とおっしゃっていましたが、ネットで調べると「受精もしにくい」と書いてありました。実際のところ、抗精子抗体とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

専門家の回答

抗精子抗体は、男性の精子を女性の体が異物と認めて抗原抗体反応を起こし、精子に対する抗体ができるという免疫学的反応によるものです。つまり、免疫学的な不妊の原因のひとつであり、受精障害を起こします。
頚管粘液、子宮・卵管分泌液、卵胞液などに移行した抗体が精子に結合して、精子の移動や受精能や卵子との結合を障害させます。
しかし、抗体が検出されたからといって、すべてが不妊の原因になるわけではありません。抗体価が高い場合には、人工授精や体外受精をすすめられることもあるでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る