出産間際の健診まで「男の子」と言われていたのに、「女の子」が生まれました

出産間際の健診まで「男の子」と言われていたのに、「女の子」が生まれました

 妊娠中期から出産間際の健診まで、ずーっと100%男の子だと言われていました。エコー画像でも毎回、男の子シンボルが大きく鮮明になるのが分かるくらいでした。よく雑誌などに掲載されている典型的な男の子画像で、先端部分と袋の部分が確認できました。念のためにカラーエコーで調べてもらったところ、へその緒ではないないことも分かっていました。それなのに生まれてきたのは、女の子でした。
 逆の話はよくあるようですが、男の子だと断言されて女の子が生まれるということは、あるのでしようか。

専門家の回答

 男女の区別の診断もかなり精度が高くなってはいますが、やはり100%とは言い切れないので、ご質問のようなケースもまれにあるでしょう。
 おそらく女の子でも大陰唇が大きかったり、陰核がちょっと大きかったりすると、エコー上で男の子のように見えたのかもしれません。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る