妊娠をしているかもしれない時期の、子宮癌検診や薬物投与による影響はありますか?

妊娠をしているかもしれない時期の、子宮癌検診や薬物投与による影響はありますか?

妊娠したいと考えている31歳の主婦です。先日、排卵日から1週間目に、子宮頚管ポリープから出血があったため、その部分を切除しました。その際に子宮癌検診のための細胞摂取をしたのですが、もし妊娠が成立していた場合、子宮壁の細胞を取ることで受精卵まで掻き出されたということはないでしょうか? また、ポリープ切除後に抗生剤として使用したタンポンで、受精卵が変になるということはないのでしょうか?

専門家の回答

排卵受精後、受精卵は1週間かけて子宮内腔に着床します。子宮癌検診には、子宮の入口から細胞をとる子宮頚癌検診と子宮内腔から細胞をとる子宮体癌検診があります。普通、妊娠がわかっているなら前者の検診しかしませんし、ポリープは子宮の入口にあるので、たとえそういった検診をしても、まず妊娠には問題ありません。また、感染予防のために膣に投与された薬も問題ないと思います。影響があれば妊娠は継続せず、最悪の場合は流産にもつながることもありますが、細胞をこするくらいで、掻き取る検査ではないと思うので、出血が多くなければ心配ないと思います。しかし、実際のところ、経過をみないとなんとも言えません。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る