インフルエンザ予防接種の弊害

インフルエンザ予防接種の弊害

インフルエンザの予防接種をすると他の病気に罹りやすいと主張される医師もいらっしゃるとのことを知り、心配になりました。
やはりインフルエンザの予防接種は受けない方がよろしいのでしょうか。

専門家の回答

人間のからだはもともと同時に複数のウイルスや細菌に攻撃を受けても大丈夫になっています。ワクチンを同時接種する根拠もそこにあります。インフルエンザワクチンは他のワクチンに比べて効果は低いですが、できれば接種されたほうがよいと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者松井潔(まつい きよし)先生

愛媛大学医学部卒業
神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント
国立精神・神経センター小児神経科レジデント
神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て
現在,同総合診療科部長
小児科専門医,小児神経専門医,新生児専門医
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る