分娩時の回旋異常は繰り返しますか?

分娩時の回旋異常は繰り返しますか?

先月、妊娠39週で第3子を経腟分娩で出産しましたが、回旋異常で顔が上向きのまま生まれてきました。第2子も同様の生まれ方をしたので、助産師さんから「第2子の出産時に、骨盤にくせがついたのではないか」と言われました。そうであれば、次に第4子を妊娠した場合、分娩時に再び回旋異常になる可能性が高いのでしょうか?
なお第2子、第3子とも妊娠中の経過は順調で、トラブルは特にありませんでした。持病も特にありません。子どもは、もう1人くらいいてもいいなと思っています。次回の分娩時の回旋異常を防ぐために、できることはあるのでしょうか?

専門家の回答

分娩時に顔が上向きになっている回旋異常を「後方後頭位(こうほうこうとうい)」と呼び、全分娩の1~5%に生じています。多くは分娩時に自然に矯正され、自然分娩になります。産道の広さに対して胎児の頭が小さい場合に、生じやすいとされています。原因としては、広骨盤、骨盤の形状、軟産道弛緩、低体重児、微弱陣痛などが挙げられています。経腟分娩が可能になることが多いですが、分娩が著しく長引いたり、分娩の進行が止まってしまうリスクがある場合、帝王切開や吸引・鉗子分娩になることもあります。
回旋異常は誰にでも生じる可能性があり、確たる予防方法はありません。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

出産に見ておきたい動画
もっと見る