橋本病と妊娠について

橋本病と妊娠について

現在妊娠14週です。12週で甲状腺低下症とわかり、14週で専門病院で橋本病と診断されました。現在薬を飲んで治療中ですが、病気判明が遅かった為、薬の飲み始めが遅くなってしまいました。甲状腺ホルモンは妊娠初期に特に必要という情報を知り、赤ちゃんへ影響するのではないか心配しています。情報いただければと思います。

専門家の回答

妊娠初期の母体甲状腺ホルモンの低下は、胎児の神経発達に影響があるかもしれないといわれています。しかし、報告が散見されるだけで確立した考え方ではありません。現時点での考え方として甲状腺ホルモンを内服し、産後悪化させないようにすることが必要です。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者太田篤之(おおたあつゆき)先生

順天堂大学卒後、派遣病院勤務を経て、平成22年より順天堂静岡病院周産期センター准教授就任。退職後、平成24年8月より祖父の代から続いている「おおたレディースクリニック」院長に就任し現在に至る。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

出産に見ておきたい動画
もっと見る