授乳中の喫煙について

授乳中の喫煙について

生後1カ月未満の娘をもつ母です。わたしはタバコを出産するギリギリまで吸っていました。元々は1日に2箱吸うくらいのヘビースモーカーで、妊娠中はなるべく吸わないようにと思っていたものの....1日に1箱は吸っていました。出産後、家に帰ってきてからはもう地獄です。たまにたばこが吸えなくて頭がおかしくなりそうなくらい、ニコチン依存しております。
完ミにしようと思ったのですが、どうしても添い乳を、しないと寝れない子なので完ミは難しいです。
どうしたらいいのでしょうか?

専門家の回答

ニコチン依存による赤ちゃんへの影響は、脳の発育障害や肺などの呼吸器に起こります。通常吸わないで授乳を行うほうが一番いいのですが、なかなかやめられない場合、赤ちゃんと同室での喫煙はしない・喫煙後3時間以上あけてから授乳することを心がけてください。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者太田篤之(おおたあつゆき)先生

順天堂大学卒後、派遣病院勤務を経て、平成22年より順天堂静岡病院周産期センター准教授就任。退職後、平成24年8月より祖父の代から続いている「おおたレディースクリニック」院長に就任し現在に至る。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

出産に見ておきたい動画
もっと見る