バセドー病再発までの授乳は?

バセドー病再発までの授乳は?

10年前に「バセドー病」を発症し、3年間「メルカゾール」を飲み、寛解状態です。現在は薬を飲まなくてもホルモンは正常値ですが、出産から3~4ヶ月で再発する人が多いと聞きました。
産後2ヶ月くらいで検査に来るよう、主治医には言われているのですが、それまでに再発していた場合、母乳に甲状腺ホルモンが含まれてしまうのではないかと、心配しております。
抗甲状腺薬が母乳に移行しないことはさまざまなところで聞くのですが、それまでの間に、子どもに甲状腺ホルモン入りの母乳を飲ませて大丈夫なのかどうかが分からず、質問させていただきました。

専門家の回答

妊娠中にバセドー病を合併する確率は、0.1%~0.9%です。妊娠初期は増悪傾向があり、中~後期は改善傾向が見られます。しかし、出産後に再燃することが多いです。
バセドー病の薬である「メルカゾール」は、母乳中に多く移行するので、移行の少ない「チウラジール」に変更することが多いです。
再発が心配なら、出産後すぐと産後1ヶ月、2ヶ月ごろに、毎月甲状腺ホルモン検査をしてもらうといいでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

出産に見ておきたい動画
もっと見る