胎児の頚管浮腫について

胎児の頚管浮腫について

現在12週に入ったところです。先日、赤ちゃんの首の後ろの浮腫を測ったところ、4ミリで危険値に入るらしいです。この浮腫はなくならないのですか? もっと厚くなる場合もあるのですか?
障害があるということが、確実になったということなのでしょうか? 何が原因と考えられるでしょうか? 教えてください。

専門家の回答

胎児の後頭部から頚部にかけての皮膚の肥厚は、原因不明で突発性のものであることもありますが、ときにダウン症候群などの染色体異常を合併することがあります。ダウン症候群の可能性がある場合には、確定診断のため、羊水穿刺をして染色体検査をすすめられることもあります。
肥厚が自然に消失してしまうと見逃してしまうこともありますが、ご質問の方の場合、この段階で肥厚を指摘されたということは、医師がきちんとチェックしてくれたということです。今後の方針については、医師にしたがってください。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る