妊娠中にマイコプラズマ肺炎にかかってしまいました

妊娠中にマイコプラズマ肺炎にかかってしまいました

明日から24週になる初妊婦です。
2週間前にマイコプラズマ肺炎と診断されました。
咳止めの薬をもらったのですが、胎児への影響が怖かったので飲みませんでした。
自然治癒を望んでいたのですが、咳が一向によくならないので、再度受診し、ホフバン錠10mg分3で5日分、処方してもらいました。
胎児には影響ないのでしょうか。
咳をして、下腹部も張ってきいます。そちらの方が胎児へ悪い影響がありますか?
薬を飲んで治した方がいいのか、自然治癒をめざすべきなのか悩んでいます。

専門家の回答

マイコプラズマ肺炎は市中感染といい、健常人がよくなる肺炎の1つです。妊娠中、胎児を守るため母体の免疫機能が変化します。
特に細菌に対する免疫は低下するので注意が必要です。結論からするとマイコプラズマ肺炎に対する根本的な治療は必要です。
そのためマクロライド系の抗生物質を使用してもらうといいでしょう。まったく影響がないとは言いませんが適切な量の内服で胎児への影響はあまり考える必要はないと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者太田篤之(おおたあつゆき)先生

順天堂大学卒後、派遣病院勤務を経て、平成22年より順天堂静岡病院周産期センター准教授就任。退職後、平成24年8月より祖父の代から続いている「おおたレディースクリニック」院長に就任し現在に至る。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る