低置胎盤は治ることもあるのでしょうか?

低置胎盤は治ることもあるのでしょうか?

妊娠24週に入り、健診で「低置胎盤」と言われました。妊娠28週に最終的な判断が出るようですが、低置胎盤のままだと出産は帝王切開になり、輸血が必要になるほど大量に出血することもあるので、転院先の大きな病院を決めておく必要があると言われています。低置胎盤は、治ることもあるのでしょうか?

専門家の回答

妊娠29週以降に、胎盤下縁から内子宮口までの距離が2cm以内にある胎盤では、子宮の収縮によって胎盤の部分剥離が起こり、分娩時に大量出血を起こす危険があります。これが「低置胎盤」と言われるものです。母体を厳重に管理する必要があり、帝王切開の頻度は非常に高くなります。とはいえ、妊娠週数と共に胎盤の位置が上昇することも多いため、今後は経過を見ていくことになると思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る