妊娠中の新型インフルエンザの影響は?

妊娠中の新型インフルエンザの影響は?

関西在住の妊娠7ヶ月の妊婦です。新型インフルエンザの感染拡大が気になりますが、かかってしまった場合、タミフルは飲んだほうが良いのでしょうか? もし飲まずに治した場合、胎児に何か悪影響を及ぼすことはありますか?
また、出産間近になって感染した場合、何か影響はありますか? 出産直後に子どもが感染した場合、大丈夫でしょうか?

専門家の回答

テレビや新聞でも報道されているように、新型インフルエンザは弱毒性であるため、季節性インフルエンザと同じような対策が必要になります。
予防が第一ですが、発症した場合、妊婦は肺炎、急性心不全、脳炎などを併発することがあり、しかも重症化しやすく死亡する例もあります。したがって、発症したら早めに、タミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬を服用した方がいいでしょう。
インフルエンザの胎児への影響については、流早産が引き起こされるという報告例もありますが、必ず起こる疾患はないようです。
また、初乳や新生児期の母乳には、抗インフルエンザ作用が確認されており、新生児は感染しにくいか、かかっても軽度の症状で済むようです。しかし、初乳を与えられなかった未熟児などは、感染しないように注意することが必要です。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る