胎児の胴体だけがやせ細っています

胎児の胴体だけがやせ細っています

妊娠28週の初妊婦です。妊娠6カ月の超音波検査で「少し小さめだね」と言われましたが、様子を見ることになりました。その後、妊娠7カ月の検査では、「頭や足などの成長は週数通りだが、胴体がやせている」と言われ、へその緒の血流悪化が原因だったらしく、薬を処方されて、1週間後に再受診しました。
そして本日受診し、へその緒の血流は正常に戻っていましたが、やはり胴体だけ遅れが目立つらしく、子宮内胎児発育遅延の疑いを指摘され、大学病院での精密検査を受けることになりました。
私のように、頭や足の成長は普通なのに、胴体だけ細すぎるというケースはよくあるのでしょうか? 栄養が胎児に十分に届いていないなら、体格が全体的に小さくなるものと思うのですが、胴体だけが細くなるということもあるのでしょうか? また、先天性の障害や病気なども、気になってしまいます。

専門家の回答

子宮内の胎児の発育が遅延、または停止し、胎児の発育標準と比べて3週間以上小さい場合には、「子宮内胎児発育遅延」と考えられます。発育の速度が極端に遅かったり、発育が止まったりするケースではなく、小さくてもその子なりに順調に育っているなら、問題はないと思います。
体型的には、頭部や体の太さのバランスがとれ、全体に身体が小さい「均衡型」と、頭部の発育に比べて体が細く、やせ型の「不均衡型」の2種類があります。前者は、胎児形態異常や染色体異常など、胎児の側に原因があることが多く、後者の代表的な原因には、妊娠高血圧症候群によって、胎盤の血流低下が引き起こされていることがあります。
まずは、決められた検査を受けましょう。その結果にしたがって、担当医から生活上の注意事項などの説明があると思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る